Google
 

ドクターKのひとりごと

  きまぐれ社会時評BLOG 【社会に鋭いメスを入れます】
 
ロンドン五輪開幕
 第30回夏季オリンピック大会の開会式が28日に行われた。オリンピックの歴史で初めて同一都市で3度目の開催となるそうだ。ということは、1964年に東京で行われてから日本での開催がないので、そろそろあってもと思う…

 さて、開会式の演出も凝っていたが、ベッカムやポールマッカートニーなどの出演もあり、派手さも目立った。

 実は、開会式よりも前に、サッカーの競技はすでに始まっており、なでしこジャパンはカナダを2−1で、男子は優勝候補のスペインを1−0で破っていて、期待を予感させる。

 一方、柔道では少しがっかり…。まだまだこれからだ。今後の日本選手に期待したい。

 時差の関係で、深夜に競技が行われるため、また、寝不足になりそうだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(1) | PAGE TOP
これぐらいにしといたるわ!
 今回のタイトルは、吉本新喜劇のお笑い芸人、池乃めだかのギャグの一つ、ケンカでボコボコにされた後、「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ」の一説である。

 なぜ、これを引用したかというと、5月8日に 橋下大阪市長に行った囲み取材で、毎日放送の女性記者がしつこくトンチンカンな質問をし続けて、反対に橋下市長に逆質問で反撃を受け、ボコボコにされてしまった。そして、最後に、この女性記者が言った言葉が、「まあ、これぐらいにしときます。」だった。

 このニュースを見て、さすが大阪の記者、吉本新喜劇のギャグで逃げたな、と思ったのである。

 そこで、調べてみると、大阪市が記者会見をYouTubeですべて公開し、「可視化」を行っていることが分かった。それも、全てのやりとりを恐らく、ノー編集で。

 よくある話だが、放送内容が先にできていて、橋下市長のコメントをとってこいと言われた記者が答え難い質問をして、橋下市長でなければ「それは所掌外なのでコメントできない」と無難に言っていたに違いない。その場合、放送では「コメントできない」の部分のみを報道し、橋下市長が逃げているかのような印象にしたのではないか。

 それを大阪市(橋下市長であると思われるが)の可視化により、阻止し、マスメディアに反撃している。

 毎日放送の番組が、どのように放送されるか楽しみだ。まさか、編集を駆使した、捻じ曲げた報道はないだろうが(ちょっと期待している)。


 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:54 | comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP
山口県光市母子殺害事件で死刑確定
 山口県光市で1999年4月に起きた母子殺害事件で殺人と強姦致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された元少年の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷は20日、「刑事責任はあまりにも重大で、死刑を是認せざるを得ない」と述べ、被告側上告を棄却した。元少年の死刑が確定する。
 死刑が確定するのは当時18歳1カ月だった光市の元会社員大月(旧姓福田)孝行被告。最高裁に記録の残る66年以降、最も若い犯行時年齢での確定となる。宮川光治裁判官は審理を高裁に差し戻すべきだとの意見を付けた。

 判決で同小法廷は「動機や経緯に酌量すべき点は全くなく、落ち度のない被害者の尊厳を踏みにじった犯行は冷酷、残虐で非人間的」と批判した。
 その上で、遺族感情が極めて厳しい▽反省の姿勢が見られない▽社会に大きな衝撃を与えた−などの理由を列挙し、更生の可能性を考慮しても死刑はやむを得ないと判断した。
 宮川裁判官は「当時の被告の精神的成熟度が18歳より相当低ければ、死刑を回避する事情に当たる」として、死刑判決を破棄してさらに審理すべきだとした。金築裁判長は「18歳以上かを問う少年法の規定は形式的基準で、精神的未熟さを理由とする破棄はできない」との補足意見を付けた。


 当然の判決で、18歳未満であったとしても、また、反省の欠片も無い、再犯の可能性が大である場合には、命で罪を償うのもいたしかたない。


 参考までに、過去のエントリーを参照してほしい。
http://drk.blog.bai.ne.jp/?eid=93235

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
第3のエコカー
 EV(電気自動車)でもなくHV(ハイブリッドカー)でもない第3のエコカーでマツダが頑張っている。

 本日、マツダが、新型スポーツ多目的車(SUV)「CX─5」を発売した。排気量2200ccのディーゼルエンジンと、排気量2000ccのガソリンエンジンを搭載したモデルを設定。次世代環境技術「スカイアクティブ」をエンジンやトランスミッション、車体で全面採用し、高い燃費性能を実現した。
 国内の月間販売目標は1000台。このうちディーゼルエンジン搭載車の割合を50%以上とする。
 ディーゼルエンジン搭載車の軽油1リットル当たりの走行距離は18.6キロメートルで、価格は258万円から。高価な窒素酸化物(NOx)後処理装置を使わずに現行の環境規制をクリアした。ガソリンエンジン搭載車のガソリン1リットル当たりの走行距離は16キロメートルで、価格は205万円から。

 かつて、ロータリーエンジンで独自色を出していたマツダが新たにディーゼルエンジンという分野に挑んでいる。

 あとは、デザインさえ良ければ、直ぐにでも買うのだが…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
2012年
新年明けましておめでとうございます!

何がめでたいか解らないが慣用句ですのでご容赦願いたい。

いつも新年にはキーワードを披露しているのだが、少し未来を先取りし過ぎているようである。
そこで今年は、いくつか列挙させていただく。
「消費税アップ」「脱原発」「大阪都」「北朝鮮崩壊」

例年と同じように未来の先取りのようだが、恐らく今年、大いに議論されるキーワードであると思われる。

今年もどうぞよろしくお願いします。
年賀状か!?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
インフルエンザ予防接種
 本日、インフルエンザ予防接種を受けました。効果については、少々議論がありますが、安心料といったところでしょうか。ところでその料金は、2千百円。少し安いかなと思うのですが、同じ病院で昨年は3千円だったようで、でもその昔は千5百円だったような記憶がありますので料金は毎年、変動しているようです。
 料金を払った後、領収証とワクチンのロット番号のシールを貼ったインフルエンザ予防接種済証をもらいました。
 数年前にインフルエンザに罹り、高熱を出した記憶があり、それ以来なるべく予防接種をしていますが、年に数回は必ず風邪をひきます。風邪の免疫ってあるのかと思うぐらいです。

 久々のエントリーですが、あまり面白くなくてすみません…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
3.11と2.11
 3月11日(金)の午後2時50分前だったか、職場で誰かが「今、揺れた?」とつぶやいた。何も感じなかった私だったが(関西でも少し揺れがあったらしい)、その後の津波警報発令の対応に追われた。東北地方太平洋沖の地震で瀬戸内海に津波が来るわけがないと高を括っていたが、とりあえず、海沿いの施設に避難するよう連絡を入れたのだった。
 その後、次々と入ってくる情報で、東北地方が津波により壊滅的な被害を被ったことを知る。平成7年2月24日に起こった阪神・淡路大震災が百年に一度ならば、今回は千年に一度ぐらいの規模となるのだろうか?
 過去の歴史から見て、千年に一度の震災は想定しなければいけないことかどうかは、少々疑問ではあるが、原子力発電所の事故を見るにつけては痛いしっぺ返しを受けた感がある。
 16年前の阪神・淡路大震災の記憶が薄れていくように、十数年経って記憶が薄れてはじめて、復旧・復興できているように思う。

 さて、話は変わるが、私にとって2月11日(金)は忘れられない日である。左足第5中足骨骨折してしまった。走って、宙を飛び、痛みを感じ、腫れ、ギプス生活を1カ月送ったのであった。

2.11

 【靴下の先を切って作った足先カバー】
2.11

 【膝のサポーターを加工した足カバー】
2.11

 記憶が薄らいでいくため、記録のため…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 16:53 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
スマートシティ
 昨年の31日午後から発熱し、午後8時に床に就かざるを得なかった。そのため、紅白歌合戦もK1もゆく年くる年も朝まで生テレビも一切見なかった。これは、大晦日に朝まで仕事をしていた時以来のことだ。

 まだ、調子は良くないが、毎年元旦にブログをエントリーしていたのを思い出し3日になってしまったが、恒例の今年のキーワードを考えてみた。整いません! 何も浮かんでこない。そういえば、昨年のキーワードも大したものでなく、その後、ブログのエントリーもほとんどできていない…

 新聞で見つけた「スマートシティ」の記事。これだ!

 「スマートシティ」とは、スマートグリッドなどによる電力の有効利用に加え、熱や未利用エネルギーも含めたエネルギーの「面的利用」や、地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせた、エリア単位での次世代エネルギー・社会システムの概念。

 海外では、新たに都市を造ることもあるらしいが、日本では、再開発となるようで、横浜などで既に取り組みが行われているようである。


 新年早々、少し躓いたが、今年は私も「スマート」に行動してみようと思うのであった…
   
 人気ブログランキング
人気blogランキングへ  
| ドクターK | 時評 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
エコでない車もエコ認定?
 米自動車業界や米議会で「米国車が排除されている」との批判と制度の見直しを求める声に屈服し、経済産業省がエコカー購入補助の対象車種を米国車約700台も含めると発表した。
 これまで国産車、輸入車とも国内基準で測定した燃費性能を評価して補助対象とするかどうか決めており、米国車の補助対象は1台もなかった。それが、米国の圧力で輸入車については各生産国の基準で測定した燃費性能でも評価することにしたという。

 本当にエコ車かどうか実際に測定する必要があるのでは…。米国のエゴにエコ認定が歪められている。このままだと基地問題も米国に押し切られてしまうかもしれない。そこで、日本国民が一致団結して、米国車不買運動をしよう!というのは夢物語か…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
チェンジからチャージへ
 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 昨年は、アメリカでオバマ大統領が誕生したり、日本においても政権交代が実現したりするなど「チェンジ」の年であったといえる。
 さて、今年は…。何も浮かんでこない…。そして、搾り出したのが「チャージ」だ。今年は、チェンジ後の充電の年といった意味である。(大した言葉でなくすみません。)

 話しは変わりますが、生まれて初めて、初売りの福袋なるものを買ってしまった。お得感のある買い物ではあったが、1万円の出費。親戚の子どもたちへのお年玉など、私にとっては、新年早々、充電の反対の放電しっぱなしだ。まあ、1年間トータルで(金銭以外も含めて)プラスになればと思っている。

 最後に、今年は、月1回のエントリーができるよう頑張りたい。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
政権交代
 歴史的な体制の変革だ。ついに自民党の時代が終わった。

 小泉改革によってかどうかは不明だが、国民の格差が拡大。少子化対策、地方分権を進めていかねばならないのに、与党が考えたのか、官僚が考えたのか知らないけれど、経済対策と銘打ったバラマキに終始。

 そして、選挙期間中であるにもかかわらず、麻生首相は、少子化問題に関連し「金がねえなら結婚しない方がいい」と発言。KYを超えて、裸の王様。格差問題を分かっていないというより、庶民のことなど考えていないのではないか。これでは、自民党・公明党の壊滅的惨敗もしょうがない。

 次の戦いは、民主党対官僚だ。じっくり見せていただこう。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
衆院選告示
 政権選択を最大の焦点とする衆院選が18日、公示され、12日間の選挙戦がスタートした。

 民主党が政権を取っても、官僚政治の打破などできないのではと思うものの、今の自・公では到底無理。それならば、一度やらせてみては…。マニフェストを比較してみても、民主に軍配が上がる。

 公約が守られない場合は、次はない。それが我々が果たす役割なのだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
自民党ボロボロ
 混迷を極める自民党。麻生首相が21日にも解散を決意したが、反麻生グループによる両院議員総会開催を求めたが、切り崩しにあい頓挫しそうな雰囲気。

 このままだと、自民党の大敗は必至。

 そもそも、小泉劇場で、郵政民営化のみの信を問う選挙で誤魔化され、その後4度も首相の顔を挿げ替えてきた。

 また、麻生降ろしができなければ「党とは別のマニフェストで選挙を戦う」と公言している詐欺師がいる。

 一度下野して、頭を冷やしてくればいい。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ひとまず安心宣言?
 メキシコ発の新型インフルエンザが、神戸に上陸。その後、国内に感染が拡大していった。
 ゴールデウィーク明けから学校が休みになったり、イベントが中止になったりと厳戒態勢であったが(そのため私もバタバタでした)、先週、神戸市が「ひとまず安心宣言」を発信した。その後、兵庫県なども追随したが、本当に安心していいのか?

 今回の新型インフルエンザは、強毒性ではないようで、季節性インフルエンザと変わらないとのこと。また、感染者は若者中心で、過去のインフルエンザの免疫があるのではないかとの推測もある。

 マスクが売り切れるなどの混乱があったようだが、我が家では、花粉症のための備蓄があり、特に慌てる必要はなかった。

 神戸市や兵庫県の宣言は、いわゆるパフォーマンスであろうが。今後、再度感染が拡大し、死者が出たらどうするのだろうか心配してしまう…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP
パンデミックついに来たか!
 豚インフルエンザが世界に拡大している。

 被害が最も深刻な発生国メキシコでは、豚インフルエンザが疑われる死者は103人に達したそうだ。アメリカ、カナダ、ニュージーランド、スペイン、イギリス、フランス、イスラエルと感染又は感染の疑いがある国が拡大している。

 これを受けて、何を血迷ったか、舛添厚生労働相は、豚インフルエンザワクチンの製造を季節性インフルエンザより優先させると表明。製造には半年程度必要らしいが、季節性の製造ラインを停止させても豚を優先させると言ったらしい。

 この冬は、季節性インフルエンザワクチンが不足して、パニックは必至!!


 実は、昨日からのどの調子が悪い。また、息子から風邪をうつされたような予感がする。まあ、豚でも季節性でもないだろう。今日は、早く寝るつもりだったのに…、ブログ更新に時間を費やしてしまった!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
子育ては趣味か?
 久々のエントリーです。「子育て」は「趣味趣向」であると言い放つ不埒野郎が登場。ライブドアニュースのコラムで見かけたのだが、その後、やはり物議を醸しているようなので、少し長くなるが引用させていただく。

****************************************

赤木智弘の眼光紙背:第80回
4月1日からJR東日本が、首都圏の駅の全面禁煙を開始している。
これまで、ホーム端にあった喫煙所が撤去され、特定の喫煙ルームでしかタバコを吸うことができなくなっている。

私自身はタバコを吸わないので、なんら不便はないのだが、ホーム端に喫煙所があることによる不快を感じたこともない。
JR東日本のPRによれば、喫煙所の煙がホームの客に漂ったり、車内に流れたりということを問題視しているらしいが、そんなに嫌ならホーム端に行かなければいいだけのことだろう。
駅の構造上、通らざるをえない場合もあるかもしれないが、そんな一瞬のことを排除しようとするのは、あまりに嫌煙側にのみ都合のいい言い分のように思える。
それに、煙が問題なのであれば、各駅に喫煙ルームを設置すればいいのである。ホームの全面禁煙はいいが、駅全体でタバコを吸えないというのは問題である。私としては分煙徹底の視点で、公共交通機関には喫煙ルームの設置を義務づけるべきだと考えている。

と、そんなことを考えつつ、喫煙ルームについて検索をしていたのだが、世の中の嫌煙家の要求は、分煙要求をとうの昔に通り越していたらしい。
今や彼らの主張は「喫煙ルームの設置自体が許せない」というところにまで、行き着いている。
例えば、路上喫煙禁止区域を設定した市町村が、喫煙ルームを設置するということに対して、「その費用を誰が負担するのか」と言うのである。
もちろん、それは税金に決まっているのだけれども、彼らは「喫煙という個人の趣味を税金で負担するべきではない」のだという。

もし、そうした理屈が通じるのならば、私は児童公園や市立の保育園や幼稚園、小中学校の全面閉鎖を求めたい。なぜなら、子供を持たない私が、子育てという個人の趣味を、税金を通して負担してやる理由はないからだ。
子育てというのは、個人が自らの幸福を追求するために子供を産み育てる行為であるのだから、当然負担も受益者負担であるべきだ。そう主張したい。
私には「個人が自らの幸福を追求するために子供を産み育てる行為」と「個人が自らの幸福を追求するためにタバコを吸う行為」に、大きな違いがあるとはまったく思えない。「子供を育てる行為は、子供を育てない人に迷惑をかけていない」と思うかもしれないが、家族を守ることが絶対善であるという社会通念によって、単身者がいかに不利益を受けているかを考えれば、煙なんかよりもはるかに迷惑な存在なのである。

それでも私が、学校の全面閉鎖などを求めないのは、たとえ迷惑であっても、それを互いに我慢していくことによって、始めてみんなが幸せな社会が実現すると考えているからである。それが誰もが自分にとって不愉快なことを声高に主張し始めてしまったら、社会は成り立たないだろう。
「子供がうるさいから公園を撤去しろ!」などという主張が通ってしまうような社会を、私は許容したくはない。タバコもそれと同じである。
人は誰しも、他人に何らかの迷惑をかけながら生きている。人権を主張することも大切だけれども、だからこそまずは他人の権利を認めることから始めてみてはどうだろうか?

赤木智弘の眼光紙背:第81回
前回の「タバコが迷惑なら、子育てだって迷惑だ!」に対し、多くの反応があった。
読み返して見ると、確かに「これはマズかったな」という文章があった、それは「そんなに嫌ならホーム端に行かなければいいだけのことだろう。」という部分である。
これに関しては、分煙の原則を「煙を漏らさないこと」であると考えれば、露天における喫煙自体が分煙の要件を満たさないのだから、「一瞬ならかまわない」などという恣意的な判断ではなく、喫煙ルームなど、煙を一定の場所に留め、処理することの徹底を主張するべきであった。
結論としては、ただ喫煙所を廃止して、「皆さまの健康のために」とアナウンスして良しとするのではなく、公共交通に携わるものの責任として、多くの場所を禁煙としながらも、喫煙者の権利を守る配慮としての、喫煙ルーム設置が義務づけられるべきであろう。ということになる。
それは駅構内もそうだし、禁煙エリアもおなじである。ある程度の面積に対して、一定割合の喫煙ルームを整備することが、喫煙者と非喫煙者、双方の権利を守ることができる落とし所ではないかと考えている。
「批判されているのはそこじゃないだろ」という声が聞こえるが、とにかく前回の記事において、私が反省するべきなのは以上の部分のみであり、他の論点については、極めて妥当であったと考えている。

そもそも前回の文章はタイトルからして「タバコが迷惑なら(仮定)、子育てだって迷惑だ!(仮定から導き出される考え方)」という、仮定を前提とした話である。なので、仮定が変われば結論も変わる。ちゃんと最後に書いてある通り、私が望むのは、タバコを吸うことも子供を育てることも、同様に尊重される社会であって、決して子育てを貶める意図はない。
けれどもその「同様に」という考えに異論を唱えたい人が多くいるようだ。
子育ては「子供を育てて、社会を円滑に運営するための、社会の役に立つ行為」である一方、タバコを吸うことは「本人の健康に悪く、医療費を増大させ、他者にも危険を及ぼす、社会にマイナスの行為」であるというのが、その主張の根幹であろう。

憲法13条に、このような事が記されている。

「第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

このうち、幸福追求に対する国民の権利を「幸福追求権」という。私は子供を育てる事も、タバコを吸うことも、この幸福追求権の範疇であると考えている。
というと、「タバコを吸えば、健康を害する。だからタバコを吸うことは幸福追求とは言えない」という反論も出るだろう。しかし、この幸福追求権という言葉は、あくまでも「国民という個人」の自由として規定されている。つまり、ここで言う「幸福」とは、「こうしたデータがある」という客観的から導き出した「タバコを吸わない方が幸福であろう」ということではなく、「今日も元気だタバコがうまい!」という主観的な幸福である。
そのことを強調するために、幸福追求権を「愚行権」と呼ぶ人もいる。それがたとえ客観的に愚行であるとしても、当人が望む限りはその権利は認められるべきという考え方である。
もちろん、これらの権利に関しては「公共の福祉に反しない限り」という制限がつく。公共の福祉に反しないということが、どの範囲を示すかは線引き問題なので、明確な定義はしないでおくが、少なくとも「タバコを吸うことそのもの」が公共の福祉に反していないことは明白である。なぜなら、成人がタバコを吸うこと自体は違法ではないからである。
では、タバコの煙を他の人に吸わせてしまうことはどうだろうか。私はこれは公共の福祉に反してしまうと考える。タバコを吸う権利が認められるならば、当然タバコを吸わない権利も認められるべきであり、露天での喫煙は他人のタバコを吸わない権利を侵害することになる。だからこそ、その調整として「喫煙ルーム」が必要なのである。
もちろん、だからといって、タバコを吸うことを手放しで翼賛する必要もない。タバコを吸える場所を確保した上で、健康に対するデータを提供する。そして、本人が自ら「タバコを辞めたい」と思えば、禁煙外来を整備するなどして、本人の幸福追求権を尊重しながら、タバコを辞めることをフォローすればいい。
タバコを吸うにしても辞めるにしても、それは完全に個人の趣味趣向と考えられるべきであり、そのどちらとも、国が尊重するべき権利である。

そして私は、それは「子育て」も同じことだと考えている。
子供を産み育てることは、完全に個人の趣味趣向であり、それを国は尊重し、適切な支援を行う責任を負うのである。
子供を育てることが仮に「役に立つ立たない」という文脈上でしか認められないとすれば、「貧乏人の子供は犯罪率が高いと思われ、社会に害をなすから、子供を産むことに所得制限を定めよう」であったり、「遺伝性の障害を持つと疑われる親に、子供を産ませても役に立たないから、断種しよう」という優性思想が肯定されることとなる。
また、批判の中には、「子供を育てるのが趣味なんてとんでもない。子供を育てるのが親の義務だ」という意見もあった。
大半の親は「これは義務だから」と子供を産んだのではなく、自らの幸福のために、望んで子供を産み育てているのだと信じたい。しかし、親達が「私たちは義務で子供を育てているのだ!!」と大声で叫ばなければ、自らの存在意義を肯定できない現状があるとすれば、それは親自身にとっても、そして存在意義の条件という打算によって育てられる子供にとっても、不幸であると言えよう。
そして、義務を果たしていることを大声で叫ぶとすれば、必ず「アイツは義務を果たしていない」という非難によって自らの正しさを証明する手続きが必要となる。
そしてその標的は、身体的要因で子供を産むことができない人や、子供を産まないことを選択した人たち、そして単身者である。また、最近報じられる給食費の滞納問題なども、「親の義務を果たしていない」ことに対する批判である。そしてそうした批判は「給食費を払わない親の子供が、給食を食べられなくても仕方ない」という形で、一番弱い立場の人間に辱めを与えることに至ってしまう。私は子育てを「役に立つ立たない」や「義務」という視点で論じるべきではないと考えている。

私が子育てを「趣味」と記したのは、子育てに対する主たる責任が社会に属するのではなく、個人にあることを明確にするためである。
あくまでも子供を育てるという選択は、「自由の行使」であることを、まずは自覚しなければならない。それを「社会のため」とか「義務だから」と、さも「自分は強制的にやらされている」ように言い換えることは、自ら自由を行使しながら、他者の自由を非難するための偽装にすぎない。
そしてもちろん、子育てが趣味であることは「子育ては自己責任」という結論には至らない。子育ては自由の行使であるからこそ、国はその自由を尊び、適切な支援を行う責任を負うのである。
だからこそ、私は「タバコを吸うこと」と「子供を育てること」という両極端な事柄を同じ俎上にあげ、両方を「自由の行使」という同質の事柄として論じたのである。

タバコを吸うことは悪いこと、子供を育てることはいいこととして、聖域にするのではなく、タバコから子育てまで、あらゆる個人の自由は、幸福追求権として公共の福祉に反しない限り、尊重しなければならない。
そしてその尊重というのが、タバコを吸うことであれば、煙を垂れ流して非喫煙者の健康を損ねず、かつ喫煙者の権利を一方的に奪うことでもなく、喫煙ルームの設置などの落とし所を調整することだろう。
そして、子供を育てることであれば、どんな人でも子供を産む権利を持ち、産まれた子供を育てることに対して、国が親と子供、双方の幸福のために、十分な支援を行うことである。
そうして国民の自由を尊重することこそが、日本が民主主義国家として成り立つために、そして、この日本が住みやすい社会になるための必須要件である。私はそう考えている。

以上を読んで、「こじつけだろう」と思う人もいるかもしれない。
しかし、私の話は前回から一貫して「自由と幸福追求権」という話なのである。

****************************************

 以上の引用文を全部読んでくださった方はいるだろうか、と非常に心配であるのだが… 
 憲法まで持ち出しながら理論が全然ダメで、というよりマズかった部分が違う!「子育て」は「人間の義務であり、他人に迷惑をかけない良い人間を育てなければならない。それをやりたくないなら人間失格」であることが分かっていない。産めなくても子育ては出来る!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ


| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ドタバタ劇は続く
 にっちもさっちもいかなくなっている麻生政権。支持率は下がり続けており解散できず、敵失を狙っていたとしか思えなかったのだが、反対に自爆してしまった。中川財務相の酔っ払い問題によるものだ。

 これで余計に、解散できなくなってしまった。このまま、9月までじっとしていて再度、民主党の敵失を待つか…。

 小泉元総理ではないが、「怒るというより笑っちゃう」という状況としか見えない。起死回生の一手はあるか…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:55 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
EV
 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 さて、今年のキーワードは「EV」です。エレベーターではなく「electric vehicle」いわゆる電気自動車です。おそらく、今年から一般にも本格的に普及していくだろうと思われます。エコカーとして、ハイブリッドカーが普及していますが、これからの主流は電池自動車でしょう。

 電気メーカーは、こぞって電池開発をしており、これからの業績を左右することは間違いないと思います。また、世界のトヨタの赤字転落のニュースが世界を震撼させましたが、これからは「EV」によって生き残りが決まること必至です。

 実は、私も電池自動車が欲しい!と思っているのだが。 違うか!的な…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
2008年重大ニュース
 2008年も終わろうとしている。例年のごとく、今年の重大ニュースを選んでみた。

・サブプライムローンに端を発した世界金融危機
・北京五輪開催
・中国は偽装大国
・原油高騰
・阪神タイガース優勝逃す
・ノーベル物理、化学賞で日本人4人受賞
・いつやるの?総選挙、解散なし
・定額給付金問題
・米大統領選 チェンジ!オバマ氏、黒人初当選
・ドクターK(私)人事異動

以上、世界、日本、私事の全てから選んだ10大ニュース。
総合的には、あまり良いとは言えない年であったかもしれない。
来年は今年より良い年であることを祈る。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
暗増景気
 「暗増景気(くらさますけいき・クリスマスケーキ)」は創作四字熟語の優秀作品。

 ダジャレ。意外と好きかも。また、オヤジと言われてしまうかもしれないが…。

 一年は早いもので、もう年末である。今年の元旦にこのブログで「パンデミック」をエントリーしたが、今年の後半に話題となっているようである。新型インフルエンザの流行はあるのか。

 インフルエンザといえば、先週、予防接種をした。効果については疑問であるが、心の安定剤にでもなればぐらいのつもり。費用の3千円は、ちょっと高い気はするが…。

 「漫親総理(満身創痍=まんしんそうい)」というより、麻生首相はすでに死に体だ。定額給付金の後ろで消費税増税が見え隠れしている。国民を騙すことができるか?

 今年の漢字は「変」。やっぱり、Changeというよりちょっと変という感じ(漢字)。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
日本は侵略国家であったのか
 タイトルは、物議を醸している防衛省前航空幕僚長の田母神氏の論文タイトルである。これが、インターネットにあったので全文を読んだが、論理的に特に「ゆがんだ歴史認識」とは思わなかった。

 政府見解を否定するというが、そもそも政府見解は明らかにされていないはずである。村山談話は、個人的な意見。

 強いて言うならば、田母神氏をトップに据えた責任が政府にあるだけだ。

 米、英、仏などを侵略国として非難せず、日本だけを非難する中共の寝言に耳を貸すことは無い。論文を読んで再認識した。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
衆院選はいつ?
 世界的な金融危機による景気悪化のためとの理由で、解散を先延ばししている自民党の麻生総理だが、本当の理由は今選挙をしても勝てないからの一言に尽きる。

 経済対策と言いながら、減税が商品券(現金)のばら撒きになりそうだし、住宅ローン減税も恩恵を受けるのは一部の高所得者だけのようだ。そして、三年後には消費税の引き上げを言及した。

 ところで、当初、新聞各社は九月末から十月中旬までに衆院選があると報道。しかし、今のところ解散する様子はない。あれだけ断定していたのに、ガセネタを掴まされたとでも言うのか。いつも責任論を強調する新聞社は、この責任をどう取るのかはっきりしてもらいたいものだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:55 | comments(99) | trackbacks(0) | PAGE TOP
消費者庁
 政府は、消費者行政を一元化し、消費者の権利の実現を図る新組織として消費者庁を創設しようとしている。縦割り行政の弊害による除去と消費者の立場に立った総合的統一的な消費者行政を推進するためと言うが、行政の肥大化にはならないか懸念する。

 実は、私も最近、詐欺商法に引っかかりそうになったのだ。契約をした翌日におかしいと思い、ネットで調べると詐欺であることがわかった。それで、初めてクーリングオフというものをして難を逃れた。しかし、相手に尻尾を掴ませないために内容証明郵便で契約の解除通知を送ったりして、結構しんどい思いをした。(日本郵便が、電子内容サービスというのをしており、家に居ながらネットで済ますことができることを今回知った。)

 悪徳商法だけでなく、食品偽装表示や不公正取引などの悪がまかり通っているのを正していくことには賛成で、本当の弱者救済をするためならば…、現在の省庁の一部を削って消費者庁を創設することは止むを得ないか。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
東シナ海ガス田開発問題
 日中両国間の懸案だった東シナ海ガス田問題は18日、共同開発などで合意したらしい。しかし、本当に合意したのか疑問だ。

 まず、共同開発といいながら単に日本が出資するとしか報じられておらず、金だけ出すだけではないのか、と思うのは私だけだろうか?金を出して天然ガスをもらうのは、買っているだけだ。日本の技術の方が、良いに決まっているだろうし…

 北朝鮮の拉致問題の再調査で日本が制裁解除しようとしているのと同様、福田首相は国民をだましていないか?大手メディアは、その辺をあまり報じていないが、記者クラブ=仲良しクラブの弊害でないことを案じる…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
消費税
 政府も経団連も消費税を引き上げるべきだとの認識で一致しているらしい。

 確かに、サラリーマンのように所得を捕捉しやすい者から所得税として取るよりは、誰からも広く薄く取る消費税の方が公平かもしれない。

 しかし、消費税を引き上げて、所得税はそのままというのは解せない。当然、低所得者の所得税は引き下げ、弱者に配慮するべきであると考える。

 いずれにしても、ガソリン税の時のように、官僚や一部の政治家だけで決めるのではなく、国民の意見をよく聞いて、選挙で信を問わずに勝手にすることのないように願いたい。

 1リッター、170円は高すぎるぜい(税)!?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
自民・公明が暴挙に出た
 1日からガソリン税の暫定税率が1カ月ぶりに復活する。自民、公明両党が30日の衆院本会議で、税制改正関連法を3分の2以上の賛成多数で再可決、成立させたためだ。ガソリンスタンドの一部では、店頭価格が1日から値上げされる。原油高の影響もあり、レギュラーガソリンは全国平均で1リットルあたり30円アップの160円程度になりそうだ。

 何年暫定を続けるつもりか!そして、政府はいつまで名ばかりの道路財源(道路建設以外にどれだけムダ使いしてきたことか)を確保するのか。道路建設は、半分でいいのでガソリン税を下げろ!これ以上暴挙を続けると一揆が起きるぞ!!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
 
| ドクターK | 時評 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
光母子殺害差し戻し審で死刑判決
 山口県光市で99年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦致死罪などに問われた当時18歳の元少年に対する差し戻し控訴審の判決公判が22日、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「身勝手かつ自己中心的で、(被害者の)人格を無視した卑劣な犯行」として、無期懲役とした1審判決を破棄し、求刑通り死刑を言い渡した。元少年が差し戻し審で展開した新供述を「不自然不合理」と退け、「1、2審は改善更生を願い無期懲役としたのに、死刑を免れるために供述を一変させ、起訴事実を全面的に争った」と批判した。

 判決は「弁護人から捜査段階の調書を差し入れられ、『初めて真実と異なることが記載されているのに気づいた』とするが、ありえない」と、元少年の主張を退けた。

 また、弥生さんの殺害方法について元少年が「押し倒して逆手で首を押さえているうちに亡くなった」としたのに対しても「不自然な体勢で圧迫死させるのは困難と考えられ、右手で首を押さえていたことを『(元少年が)感触さえ覚えていない』というのは不自然。到底信用できない」とした。夕夏ちゃん殺害についても、「供述は信用できない」と否定。

 当然と言えば、当然の判決。一番滑稽なのは、強姦についての弁解だ。

 「死後に遺体を犯した行為は、生をつぎ込み死者を復活させる魔術的な儀式だった。」

 そして、続く…

 「長女は泣きやまないので首にひもをまいてリボンの代わりに蝶々結びにしたら死んでしまった。」実際には、泣き止まない11ヶ月の子どもを床に叩きつけた上、首に紐を巻きつけ絞殺し押し入れに隠した。もともと調書にも「ドラえもん」も出ているそうで、ここまでくるとウソの弁解を通り過ぎて、妄想としか言い表せない。

 万が一、被告の頭がおかしくて(精神錯乱状態)たったの1回、2人だけを殺してしまったとしても、私が裁判官なら死刑を言い渡す!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
一般財源化反対!
 福田首相は、とうとう行き詰まってしまったようだ。支持率は低下するし、先が見えない。暫定税率を衆議院で強行採決すれば国民から非難轟々間違いなし!

 財源不足を理由に暫定税率を維持するために一般財源化することに対しては、絶対反対。今まで、道路を造ると言っておきながらどれだけ違うことに使ってきたのか。

 これ以上国民を欺くことを許さぬ。即刻、解散総選挙で国民の信を問え!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
暫定税率期限切れ
 ガソリン税の暫定税率は31日で失効し、ガソリンにかかる税は4月1日以降1リットル当たり25.1円下がる。大歓迎だ!

 ガソリン税は、蔵出し税であるためガソリンスタンドによってはすぐには値下げされないらしいが、下がることは必至。

 それにしても、道路財源と言いながら道路以外にどれだけ使われていたのか。国民を欺いた責任は重い。国交省も自民党も損害を国庫に返還しろ!

 官僚の考えか自民党の考えか知らないが、ガソリン税の暫定税率を衆議院の3分の2以上の賛成多数で元に戻そうと画策しているらしい。それをするなら国民に信を問うのが筋ではないか。

 他のものが続々値上げされようとしており、トータルでは物価は上昇に違いない。

 明日から新年度が始まる。良い年度になることを祈るのみだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
北京五輪を開催する資格があるか?
 中国チベット自治区ラサで発生したチベット仏教僧らによる大規模な暴動を受け、中国の当局者らは、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の支持者らとの「人民戦争」を戦うとの姿勢を強調した。同暴動をめぐっては、数十人の死者が出ているとの情報もある。

 「人民戦争」を戦うという意味が解らないが、戦争を行うという宣言に他ならない。

 また、先日、米太平洋軍のキーティング司令官が、上院軍事委員会公聴会で、昨年5月に司令官として初めて中国を訪れ中国海軍高官と会談した際、太平洋を分割し米国がハワイ以東を、中国が同以西の海域を管理してはどうかと中国側から“提案”されたことを明らかにしたが、冗談とは思えぬ。

 中国の国防費は、20年連続で2桁の伸び率を示しており、そのような領土拡大を狙っているとしか思えない。

 さて、このような国がこの夏、平和の祭典、オリンピックを開催するという。言論や思想の自由のない、戦争を行うという国に、オリンピックを開催する資格が本当にあるか?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
釈然としない日
 今日は4年に1度の閏年の特別な日(?)。

 平成20年度予算案が衆院本会議で、民主党など野党3党が欠席する中、自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院へ送付された。今国会最大の焦点であるガソリン税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案も併せて衆院を通過。

 中国製毒ギョーザ事件は、中国当局が日本での混入を示唆したことで、中国のネットで「日本人の仕業」と非難の大合唱。

 在沖縄米海兵隊員が女子中学生に暴行したとして逮捕された事件で、那覇地検は、沖縄署に強姦容疑で逮捕されたタイロン・ハドナット2曹を被害者が告訴を取り下げたため釈放。

 卓球世界選手権団体戦で日本女子敗れる。

 以上のようなニュースの中、大阪府議会で所信表明演説を行った橋下徹知事にはエールを送りたい。大鉈を振るうやり方に批判があるが、自治体経営の革命を是非起こしてもらいたいものだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
小麦ショック
 農林水産省は15日、政府が輸入する小麦の国内製粉会社への売り渡し価格を30%上げることを正式に発表した。途上国の経済発展などで需給が逼迫し、調達コストが上昇したためらしい。小麦価格はなお上昇傾向にあるうえ今回の値上げでも調達コストを完全に転嫁し切っていないため、10月に再値上げする公算が大きいとのこと。

 原油高に続き、小麦高。実体経済を無視して、投機マネーによる影響だとすると捨てて置けない。

 ところで、サブプライム問題で銀行などが損失を計上しているが、反対に大儲けした奴がいるはず。一体そいつは誰なのか。どうして新聞等のメディアは、そのあたりの解説をしないのか。

 経済学者は、数え切れない程いるのに経済を抑えきれないのは何故なのか。

 多額の借金を抱えている私にとっては、インフレは大歓迎なのだが、賃金はデフレで全然歓迎できない。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
つなぎ法案
 ガソリン税(揮発油税)の暫定税率を2ヶ月だけ延長する「つなぎ法案」を与党が国会に提出した。

 いったん期限が切れて1リットル25円の値下げが実現すると世論は歓迎になびきかねないと警戒したようだ。

 しかし、この奇策は得策と成り得るか疑問だ。自民党が考えたのか、官僚が考えたのか知らぬが、あの手この手で民主党に揺さぶりをかけてくる。民主党も腹をくくって、道路の半分は造らないと言えばいいものを、歯切れが悪い。また、地方の首長も特定財源が入ってこないと困る、教育や福祉を削らないといけなくなると言っているが、教育や福祉を削らねばならないような逼迫した道路などあるわけがない。道路財源が全額なくなるわけではないので、例えそんな道路があったとしたら、優先的に造ればいいだけの話しだ。

 数の上で優位に立っている衆議院は、小泉首相の時代に郵政民営化のみの是非を問うて得た数だ。その後の国政選挙で負けているわけで、即刻、民意を問う選挙をしては如何か。

 無策で決断が遅いと言われている福田康夫首相が解散などするわけも無く、世論が沸騰するほかないのか…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
大阪府知事選考
 大阪府知事選でタレント弁護士の橋下徹氏が当選した。私は、大阪府民ではないので投票していないが、もし投票権があったら誰に投票しただろうか?

 消去法で、イデオロギーの違いから共産党にはまず投票しなかっただろう。すると残るは、2人の中から選ばざるを得ない。街頭演説で政策を訴えず「大阪を変えましょう。歴史を変えましょう。」だけで当選するのは如何なものか。口下手な理系の教授の方が大阪を変えられたかもしれない…。

 かつて横山ノック氏でも府政を担っていたのだから、頭は飾りでもOK?

 一様弁護士資格がある橋下氏、そのまんま東氏のように有名な大阪をセールスする必要は一切ない。したがって、瀕死の大阪を再生するために手腕を発揮して欲しいものだ。まず待ち受けているのは、府の幹部職員だろう。あの手この手で邪魔をするに違いない。敵は本能寺にあり!

 信長亡き後、太閤秀吉が大阪で天下を治めたのだ!なんのこっちゃ?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
暫定税率は暫定措置のはず
 ガソリンスタンドで給油すると、レギュラーガソリンで1リットルあたり約150円の代金を支払うこととなるが、そのうち約50円はガソリン税であり、さらにそのうち約25円分が暫定税率によるかさ上げ分であるのをご存知か?

 道路特定財源制度は、「受益者負担」(利益を受ける者が費用を負担する)の考え方に基づき、道路の利用者、つまり自動車の所有者やその燃料を使用した人が道路の建設・維持費用を負担する制度である。そして、約35年前に暫定措置として税率を上げ、現在に至っている。

 そして、平成20年3月末に「暫定税率」の期限が迫るにつれて、政争として注目されている。民主党は、廃止を目指し、与党は維持のため平成20年3月までに特措法改正案を成立させることとしているが、参議院で野党が多数を占める「ねじれ国会」のため、予断を許さない。なお仮に参議院で野党の反対により特措法改正案が否決されても、憲法の規定により衆議院で再可決して特措法改正を実現させ「暫定税率」を維持することは可能であるが、その場合でも再可決が年度末にもつれ込むことが予想され、折からの物価上昇問題への世論の動向も絡んで与野党間のぎりぎりの駆け引きが繰り広げられることになると予想される。

 昔は、自動車の所有も少なく受益者負担も判るが、現在は多くの国民が所有しており、自動車の税負担は他の資産に比べて重い。また、交通機関や輸送として所有していなくてもほとんどの人は、利益を得ているはず。

 道路整備に使うのではなく、環境対策や交通公共機関整備に使うというならば納得しないでもないが…

 いずれにしても、暫定がいつまでも続くのは絶対におかしい。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
パンデミック
 新年を迎え、また心新たに臨んでいきたいと思います。

 さて、今年のキーワードは「パンデミック」です。インフルエンザなどの感染症が世界的に流行することを意味する言葉ですが、病気だけでなく、景気やテロ、災害などが爆発的に感染するのではと危惧しています。

 世界が交通機関の発達により、人・物が行き交いパンデミックが起こりやすくなっていますが、インターネットの発達により情報も同様です。そして、環境も一国ではどうにもならない状況になっています。そして、貧困や格差を生むという悪循環。

 恐ろしい状況に対する警告を発しているつもりですが、エゴイズムが万延しているため、破滅の道を歩んでいきそうです。

  人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
今年1年を振り返って
 今年も28日の仕事納めの後に忘年会、29日は年賀状作成、30・31日は大掃除といつもの年末となった。

 景気が回復していると言いつつ、実感がないうえに、格差は拡大。食品偽装が止まるところを知らず。政治家や官僚の不正は続々。

 「どげんかせんといかん!」より「でもそんなの関係ねえ!」の方が流行語大賞だったのでは…。

 今までは、性善説でも良かったかもしれないが、これからは性悪説でなければいけないような気がする。

 来年こそは、安心・安全な世の中を祈りつつ、来年もきまぐれに世の中を斬っていきたいと思う。

  人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ノロウィルスの呪い
 ノロウィルス胃腸炎が流行しているらしい。らしいとは書いたが、実は、私の家族全員が先週感染した。子どもの発症に続き、妻、私の順に感染。また、3日間はムカムカと下痢でぐったり。やっと体調が戻った。

 今年は、春にもロタウィルスにやられ、1週間ダウン。この時、妻には、子どもに移されてと、笑われたが、ウィルスを侮ってはいけない。今回は、妻が一番重症だった。

 ウィルスは、他の生物の細胞を利用して増殖する、寄生虫のようなものだ。今も何処かで生き延びているに違いない。ウィルスは恐ろしい!

  人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
日銀短観 景況感悪化
 先々週の飲み会、忘年会の連チャンで、また風邪をひいてしまった。そのため、先週は自動的に禁酒ウイークとなった。やっと、飲めるようにはなったが、まだ本調子ではない。年に何度もひいてしまう風邪には、参ったものだ。

 風邪と言えば、米国が風邪をひいてその影響が日本にも押し寄せているようだ。日本は、景気回復を続けていると言われていたが、日銀の12月の企業短期経済観測調査(短観)では、大企業・製造業の業況判断指数が低下しているらしい。
 景況感の悪化傾向は、家計部門でも鮮明だ。原油や穀物の高騰を受けて、ガソリンや食品など、身近な商品の値上げが相次いでいる。一方で賃金の上昇は鈍いままだ。消費者が、暮らしの先行きに自信を持てないでいるのは当然のことだ。

 それにしても、実体経済を無視したマネーゲームは止めてもらいたいものだ。ガソリン、灯油の価格が上昇して懐が寒くて仕方が無い。

  人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
減税政策から一転、増税メニュー並ぶ
 3年ぶりに消費増税を打ち出した20日の政府税制調査会の08年度答申は、成長重視で法人減税など減税政策が目立った安倍政権下の07年度答申から一転し、配偶者控除や扶養控除の廃止などサラリーマンに負担が及ぶ増税メニューが並ぶ内容となった。

 原油高を背景に、原材料価格の高騰で物価が上昇しているにも関わらず、給料は上がらない。その上、増税と来たものだ。

 普通は、自分の財布に見合った生活をするもので、収入が減れば、支出を減らすのが当然だ。支出を減らさず、人様からかっぱらうのが政府のすることか?

 話しは変わるが、東京大学は来年度から、新たな授業料減免制度を導入し、国立大で初めて家庭年収400万円未満の学生の授業料を一律無料にするらしい。
 サラリーマン家庭では、400万円未満は低所得と言えるが、自営業者は贅沢な生活をしているにも関わらず、生計費も全て経費とし400万円未満はザラにいる。所得の捕捉が公平でなければいろいろな制度そのものの妥当性が問われる。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
民主小沢代表辞意撤回
 民主党の小沢一郎代表は6日夜、鳩山由紀夫幹事長らに対し、辞意を撤回することを伝えた。鳩山氏らが続投を求める意見が党内の大勢を占めていることを伝え、改めて翻意を促したところ、小沢氏は「恥をさらすようだが皆さんの意向を受けて、ぜひもう一度頑張りたい」と慰留を受け入れる考えを表明した。

 4日からのドタバタ劇は、ひとまず決着が着いた模様だ。恐らく、マスコミから批判を受けるのは必至だが、再チャレンジを暖かく見守って欲しいと思う。

 これにより、一時、ホッとしていた自民党にとっては戦々恐々の日々が始まるに違いない。地獄を見た男の死に物狂いの反撃を受けてみろ!是非、政権交代を実現してもらいたい。

 「恥は掻き捨て、世は情け。」ちょっと違うか…。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
小沢民主党代表が辞任表明
 おいおい、昨日まで自民党が窮地に立っていたと思っていたら、反対に民主党が窮地に立っている。「禍福は糾える縄の如し」とはこのことか…。

 真偽のほどはよく解らないが、マスコミは「小沢氏の一人クーデター」だの「大連立は小沢氏が持ちかけた」、「小沢氏は早晩、何人か引き連れて党を出るのではないか」など、小沢氏の言う根も葉もない誹謗中傷だったとしたら与党の仕業かと勘ぐりたくなる。

 そうでなくても、福田首相の勝負手に引っかかり、小沢氏が受けを間違ってしまった、ということになった。

 何れにせよ、喜んでいるのは自民党と公明党と政府であり、改革が遅れ、大増税の道を進んで行くことが懸念される。やはりそれを阻止するのは政権交代が近道だと信じているから。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
自民党福田首相の勝負手
 自民党総裁の福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表は、本日、国会内で約2時間、党首会談を行った。首相は参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」の打開が必要として、勝負手を放った。なんと、小沢氏に連立政権樹立のための協議を打診したのだ。

 小沢氏は即答を避け党役員会に持ち帰ったが、結局、小沢氏は首相に「連立はのめない、受諾できない」と伝えた。自民、民主両党の「大連立」による混迷政局の打開案は失敗に終わった。

 これで自民党は、行き詰まってしまったに違いない。解散総選挙など到底できる筈も無いし、あとは、民主党に「詰めろ」をかけて、憤死するか…。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
日本国外務省は腐ってる?
 ミャンマーでデモを取材中、治安部隊がデモ隊に発砲した弾に当たり長井健司さんが死亡した事件について、流れ弾ではなく至近距離から撃たれた可能性が強まっている。

 あのような動乱の中で群集に紛れていた長井さんは、銃撃を受けるとは思っていなかったであろうが、少し不注意であったかもしれない。

 しかし、その後の日本国の外務省の対応が鈍いような気がする。

 そのことについて、佐藤優氏の寄稿したコラム(livedoor ニュースより)から一部引用させていただく。

******************************************************

 9月27日、ミャンマーの最大都市(旧首都)ヤンゴンで、日本人映像カメラマンの長井健司氏(50歳)が銃弾に撃たれ死亡した。本件に対する外務省の対応が実に生ぬるい。27日の時点で、外務省は「死因について現地の警察が調査中で、デモ取材中に流れ弾に当たったとの情報についてはまだ確認できていないとしている」(9月28日朝日新聞朝刊)などという寝言を言っていた。テレビ映像を見れば明らかに長井氏は至近距離から撃たれている。同胞の日本人が殺害されたということに対する怒りを外務官僚は感じないのであろうか? 同日夜、木村仁外務副大臣がフラ・ミン駐日ビルマ大使を外務省に呼んだ。外交の世界で、勤務時間終了後に大使を外務省に呼びつけるというのは、相当、重大な事態が発生したときだけだ。それならば、相応のメッセージを相手に伝えなくてはならない。しかし、木村副大臣が伝えた内容は、腰が引けているという以前の、基本的な情報の精査もできていない実に情けないものだった。「木村副大臣は『仮に日本人が死亡したのならば極めて遺憾だ』と述べた。フラ・ミン大使は『残念である』と答えた」(同上)ということであるが、木村副大臣が「仮に」という留保をつけていることから、抗議する時点で長井氏死亡の事実すら外務省が確認できていなかったというていたらく振りが浮かび上がってくる。木村副大臣は外務官僚が作成した書類に基づいて発言したのであるから、このようなレベルの低い書類しか作ることができないアジア大洋州局の外務官僚が第一義的に悪い。(後略)

******************************************************

 伏魔殿と言われたこともある外務省。そこにいる外務官僚は、自分の命を投げ売ってでも日本人を救うという気概など恐らく持ち合わせていないだろう。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
派閥談合人事?
 自民党総裁に福田康夫氏が就任し党運営の要となる幹事長に伊吹文明文部科学相、政調会長に谷垣禎一元財務相を起用し、二階俊博総務会長を再任した。総裁直属の「選挙対策委員長」を新設し、古賀誠元幹事長を充てた。総裁選で福田氏を支持した4派閥領袖を処遇した。
 
 4氏はいずれも総裁選で福田氏を支持した派閥の会長であり、派閥配慮の布陣で挙党態勢の構築と、党内の基盤固めを図った。

 「戦後レジームからの脱却」「美しい国」を掲げ、長期政権を目指した安倍晋三内閣は、首相自らがその任に耐えられなくなったことで、1年という短命に終わったが、実を言うと少しばかり私は期待をしていた。しかし、閣僚不祥事が相次ぎ、参院選の敗北で二進も三進も行かなくなってしまったという観が強い。その時点で辞めておけば良かったが後の祭り。

 福田康夫氏にはあまり期待できないようだ。時代が逆戻りし過去の自民党が復活しそうだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
続投一変辞任
 安倍晋三首相は本日午後2時、首相官邸で緊急に記者会見し「総理の職を辞すべきだと決意した」と述べ、辞任する考えを明らかにした。

 内閣改造、所信表明演説で続投を表明していたが、突然の辞任。

 参院選敗北で責任をとって辞めていれば綺麗だったのに…。ここまで来ると、ズタズタのボロボロという表現がピッタリ!

 この後すぐに総裁選が行われるらしいが、後継者もやり難いよな。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
[光・母子殺害]弁護人への懲戒処分請求、全国で3900件
 山口県光市で99年4月に起きた母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われた当時18歳の元少年の弁護人に対し、懲戒処分を求める請求が、全国で少なくとも3900件出されていることが分かった。06年の全国の請求総数約1300件の3倍に上るらしい。

 橋下徹弁護士がテレビ番組で被告の弁護士に対して「懲戒請求」を呼びかけたたのが一因であるらしい。

 一方、被告の弁護士4人が橋下弁護士を提訴。橋下弁護士はブログを通じて、被告の弁護士を「ふざけた主張をする」「カルト弁護団」「説明義務違反」などと主張。それに対して、被告弁護士側は橋下弁護士の主張について「業界で笑い話になる」と述べている。

 はっきり言って、どっちもどっちだが、以前のエントリーにも書いたとおり、被告は、自分が中学1年のときに自殺した母への人恋しさから被害者に抱きついた。甘えてじゃれようとしたので強姦目的ではない。騒がれたために口をふさごうとしたら誤って首を押さえ窒息死させた。死後に遺体を犯した行為は、生をつぎ込み死者を復活させる魔術的な儀式だった。長女は泣きやまないので首にひもをまいてリボンの代わりに蝶々結びにしたら死んでしまった。どちらも殺意はなく、傷害致死罪に当たる。との被告弁護士の論理は、尋常ではない。

 弁護士としての資質以前に、人間失格である。拠って、甲乙つけるとするならば橋下弁護士に軍配が上がる。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ 
| ドクターK | 時評 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
<少子化対策>宙に浮く「安倍構想」方針不明で省庁動けず
 この暑い中、風邪をひいてダウンしてしまった。39度の熱と喉の痛みで、クーラーの効いた部屋の中で汗をかきながら養生。やっと回復したが、一時は死ぬのではと思った(ちょっと大袈裟か?)。

 さて、msnニュースより抜粋させていただく。


 安倍晋三首相が就任当初「内閣の総力を挙げる」と表明した少子化対策が宙に浮いている。与党の参院選惨敗で、財源に当て込んでいた消費税の増税が難しくなったのに加え、関係省庁内では「政権の方針は働く女性の支援なのか、家族政策重視なのかがはっきりせず、身動きできない」との不満が出ている。

 少子化対策は、元々児童手当などの経済支援に始まり、その後、保育所の整備や育児休業制度など、働く母親がもっと働きやすいようにする方策が加わってきた。

 小泉政権では「ワークライフバランス」がもてはやされ、男性の長時間労働を見直し、女性だけに家事、育児を押し付けないことが必要だと強調された。「子育ての社会化」「男女共同参画」がキーワードだった。

 これに対し、安倍首相は著書「美しい国へ」で「お父さんとお母さんと子どもがいて、おじいちゃんもおばあちゃんも含めてみんな家族だ、という家族観は守り続けていくべき」だと記すなど伝統的家族観が特徴だ。下村博文官房副長官、山谷えり子首相補佐官、高市早苗少子化担当相らも似た価値観を共有する。

 その結果、たとえば、これまでの政府の対策会議には「少子化」の名がついていたが、安倍政権の諮問機関名は、首相らの意向を反映して「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」になった。分科会には「働き方の改革」とともに、「地域・家族の再生」も設けられた。

 公明党幹部は「子供を産み育てる伝統的家族の再生が大切というのが首相の考えだが、働く女性の支援とは方向性が逆で、政府方針は一体どっちなんだということになる」と指摘。厚生労働省幹部は「施策の方向性が見えにくくなった」とこぼす。


 内閣改造で起死回生を目指すが、参院選敗北から、まるで死に体。明日の内閣改造でサプライズが無いと安倍首相の命運もこれまでと言える。

 解散総選挙に打って出る勇気も持ち合わせていないだろうから、このまま冬眠を決め込むか…。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
終戦記念日
 暑い!猛暑日が続く。不二家、ミートホープ、「白い恋人」とどうして続くのか?食の安全は重要だ。軍事力を保持せずに国の安全は守られるか?

 今日は終戦記念日。大東亜戦争の敗戦の日であるとの意見もあるが、日本は無条件降伏をしておらず、8月15日正午、玉音放送(天皇の声を「玉音」と言った)により、戦争の終結が伝えられことにより、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」としているようだ。

 安倍首相や閣僚たちは、靖国参拝を控えているようだが、中共や韓国などの他国からの批判のためであるならば、それこそ外交カードとして何度でも切ってくるぞ。その点だけは、小泉純一郎を見習うべきだ。

 ところで、昭和天皇が靖国神社の「A級戦犯」の合祀に反対だったという噂話のようなものがあるが、昭和天皇自身そんな話しが出ること自体、迷惑であると思っているに違いない。

 「A級戦犯」の概念自体問題(東京裁判のプロセスや結果については少なからぬ疑問)ではあるが、軍を統帥していた天皇にも戦争責任があり、「A級戦争責任者」とされていた可能性は大であったはず。したがって、「A級戦犯」が合祀されているから参拝しないというのはどうも可笑しい。

 どっちにしても、終戦記念日と靖国問題を一緒に論ずるのは、如何なものか…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
米下院 慰安婦対日謝罪要求決議採択
 参院選で惨敗の安倍政権に泣きっ面に蜂。


 米政府は慰安婦決議問題について、ブッシュ大統領が今年4月の安倍晋三首相訪米時の謝罪表明を「受け入れる」と述べ、日米両政府間では決着済みとの姿勢を堅持している。
 ブッシュ大統領は小泉純一郎前首相の靖国神社参拝について口出ししない立場を示しながらも、日中間の歴史問題の決着に強い期待感を繰り返し表明してきた。さらに、昨年の中間選挙で多数派となった民主党内には、日本の歴史認識に対する懸念が根強くある。今回の下院本会議での慰安婦決議採択は、米国内に漂う日本の歴史問題への疑念を印象付ける結果となった。


 上記は、マスコミの論評であるが、そもそも強制の証拠がないうえ、今回の決議案は在米の華人系や韓国系米人団体の策謀によるものでありその背後には中共や北朝鮮の存在があるに違いない。

 今回、勝利した民主党の議員も、この問題についてはよく研究のうえ自国を辱めるようなことのないことを望む。

 また、自民党には、米国による日本への原爆投下を「しょうがない」と発言するようなアホを教育し、反対に原爆投下や東京大空襲などで米国に謝罪要求することを強く望む。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ 
| ドクターK | 時評 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
赤城農相おまえもか!
  松岡利勝前農相の後任の赤城徳彦農相の政治団体が実家を事務所の所在地として届け出て、多額の経常経費を計上していたことが発覚。10年間で9千万円以上、また妻の実家にも3千万円以上の経費を計上しながら活動実態がないらしい。

 ほくそ笑む野党。民主党は「こっちが何もしなくても勝手にエラーをしてくれる」。

 これで参院戦を負けるようでは…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
参院選自民大敗か?
 参院選の投票に影響を及ぼすであろう重大発言勃発。広島・長崎への米国による原爆投下について、久間章生防衛相が「米国はソ連が日本を占領しないよう原爆を落とした。無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったという頭の整理で、今しょうがないなと思っている」と発言した。

 これが日本の防衛を担当する閣僚であるから、開いた口が塞がらない。

 本来ならば、米議会の慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議に対して、日本も米国が行った原爆投下や本土空襲による無差別爆撃のことで切り返さなければならないのに…

 野党ももう一つではあるが、自民党にもお灸をと考える国民が増えざるを得ない状況を自ら作り上げている。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
責任逃れ
 本日、年金記録漏れ問題で揺れる社会保険庁の職員約1万6000人にも、夏季賞与が支給された。
 各職員には既に村瀬清司長官名で自主返納を求める文書が渡されており、国への寄付申し立て手続きをしたうえで、それぞれが指定口座に返納分を振り込むことになるらしい。

 「国民の信頼を裏切ったことは上下、関係ない。行政をあずかる人すべてに責任がある」との理屈らしいが、ちょっとおかしくないか?

 通常は、たとえ末端の職員がミスを犯したとしても、一番上の責任者が腹を切る(辞任する)のが筋ではないか。

 また、そもそも「年金の記録漏れ」問題の根本的原因は何か全然解明されていない気がする。

 今回の賞与自主返納で責任の所在を有耶無耶にするつもりに違いない。どうせ上の者程、賞与の返納なんか痛くも痒くもないのだろうから…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
教育三法成立
 安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置付ける教育関連三法案が、参院で可決、成立した。

 学校教育の目標などを定めた「学校教育法」、国と地方のかかわりを規定した「地方教育行政法」、新たに免許更新制を盛り込んだ「教員免許法」の三法で、昨年末、約60年ぶりに改正された「教育基本法」に続き、いずれも公教育の骨格部分に相当する。

 学校教育法の改正では、改正教育基本法を踏まえ義務教育の目標に「規範意識」「公共の精神」「わが国と郷土を愛する態度」などの理念が新たに盛り込まれた。いわゆる「愛国心」を教えるということである。
 また、小中学校に副校長や主幹などのポストが新設され、教員同士が平等だった学校現場がピラミッド型のシステムに変わる。

 地方教育行政法の改正では、教育委員会に対する是正要求を盛り込んだ。「生徒の教育を受ける権利が侵害されていることが明らかな場合」などの要件を示しているが、侵害に当たるかどうかは国の判断一つだ。

 教員免許更新制を打ち出した教員免許法改正は、終身制の現在の教員免許を2009年4月1日から有効期間10年の更新制にする。更新前に30時間以上の講習を条件とした。

 今までの教育制度が、良くなかったための改革ではあると思うが、果たして今回の改正で良い方向に向かうだろうか。結果が出るのは、数十年後である。


 松岡問題、年金問題、そして税制改正による住民税増税で参院選の自民党大敗の目が出てきたような気がする。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
山口県光市「母子殺害事件」差し戻し控訴審始まる
 主婦を殺害した後、「強姦」したのは、「死者を復活させるための儀式だった」。こんなとんでもない主張を、山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で弁護団がした。ほかにも死刑回避を狙った独自な見方が示され、遺族の本村洋さんは「怒りを通り越して失笑した」と批判している。

 新たに21人もの大弁護団を形成した被告側は、主婦殺害後の遺体を犯した行為などについてこのように主張した。
被告は、自分が中学1年のときに自殺した母への人恋しさから被害者に抱きついた。甘えてじゃれようとしたので強姦目的ではない。騒がれたために口をふさごうとしたら誤って首を押さえ窒息死させた。死後に遺体を犯した行為は、生をつぎ込み死者を復活させる魔術的な儀式だった。長女は泣きやまないので首にひもをまいてリボンの代わりに蝶々結びにしたら死んでしまった。どちらも殺意はなく、(殺人より罪が軽い)傷害致死罪に当たる。

 この主張は、弁護団が創作したのか、あるいは被告が主張しているのかは判らないが、誰がどう考えても可笑しい。
 反省の欠片も無い被告は、当然、死刑で、弁護団にも詐欺罪等の何らかの罪を与えなければならない。

 なお、被告を死刑にしなければならない理由は、一審の無期懲役判決後に知人へ次のような手紙を出していることからも判るとおり再犯の可能性が大であるからである。

「知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」

「私を裁けるものはこの世におらず」

「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」

「犬がある日かわいい犬と出会った。・・・そのまま「やっちゃった」・・・これは罪でしょうか」

(被害者に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。』

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP
中共の自爆テロが日本を攻撃?
 光化学スモッグ注意報が8、9日に全国で相次いだのは、中国の大気汚染が日本に流入する「越境汚染」が原因である可能性の高いことが12日、国立環境研究所などのシミュレーション分析で分かった。梅雨入り前までは同様の状況が周期的に訪れる恐れがあるという。(毎日新聞より抜粋)

 中国では公害が社会問題となっているらしいが、被害が自国だけでなく、偏西風に乗って日本にまで達しようとしている。

 中国からの輸入農作物による農薬汚染爆弾。黄砂に大気汚染物質を潜ませての日本攻撃。中国人出稼ぎや留学生を装った泥棒派遣。etc

 歴史問題を外交カードに攻撃を仕掛けてくることに対しては、無視しておけば良いが、化学兵器による自爆テロに関しては黙っておくことはできない。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
安倍首相「慰安婦、我々に責任」 ???
 安倍晋三首相は、今月末の訪米を前に米国メディアの取材に応じ、いわゆる慰安婦問題について「人間として心から同情する。首相として大変申し訳なく思っている」と改めて陳謝したうえで「彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況につき、我々は責任がある」と述べ、日本側に責任があるとの認識を示したらしい。

 ちょっと待った!

 米国は、今頃になって戦前のことを問題にしているが、これは国際法違反だ。戦後、日本は連合国との間に講和条約を結んだ。いわゆるサンフランシスコ平和条約である。この講和条約よって、日本の責任は言及されないはずだ。

 米議会が、講和条約以前のことを言うのであれば、日本も米国が行った原爆投下や本土空襲による無差別爆撃のことを問題にすべきだ。これによって、何の関係もない民間人の女性や子供が何人殺戮されたか。

 日本国内では謝罪は有効かもしれないが、海外においてはマイナスにしかならない。まして、日本軍による強制はなかったのだから…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
頑張れ 中川昭一
 保守強硬派でタカ派の中川昭一が吼える!

 日本から昨年秋に安倍晋三首相が訪中したのにもかかわらず、中国側はトップの胡錦濤国家主席ではなく、温家宝首相が訪日したのは「外交上極めて非常識だ」と厳しく批判した。(時事通信より)

 外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っているのではないかと語り、中国外交は「極めて非常識」=「中華思想」と批判。

 また、かつて経済産業大臣時代、中国とのガス田問題では強硬な姿勢を崩さず帝国石油に初めて試掘権を与え、中国側の要求する共同開発についても、前提として日中中間線より中国側でも日本側に試掘を認めるよう再三要求。
 平成18年4月7日の記者会見で、親中派の二階俊博経済産業相が打ち出した「東アジアEPA(経済連携協定)」構想について「何となく唐突だ。その前にやることがいっぱいある。又、この構想は中国の参加を想定している。昨年春に中国で起きた反日デモの、一般人や民間企業が襲われたことの総括もできていない」と異論を唱えた、等々。

 中国への厳しい発言は、かつての土下座外交からすると、我々日本人をスカッとさせてくれる。

 今後も氏の活躍を期待したい!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
小林よしのりの「馬鹿保守の『格差肯定論』を撃破する」に共感する
 雑誌「SAPIO」(3月28日号)掲載の“小林よしのり「ゴー宣・暫」”の「馬鹿保守」はおもしろかった。

 小林氏曰く、
 自称・保守派は一方で「日本は美しい国だ。伝統だ。家族だ。教育勅語だ。」と言いながら、もう一方では「より純粋な資本主義のために規制緩和しろ。民間の競争原理がすばらしい。格差があるのが当然だ。」と言っている。この自己矛盾に全く気づかないのだ。こういう二律背反する自分の主張に気づいてもいない自称・保守を、わしは「馬鹿保守」と呼んでいる。
 馬鹿保守は胸を張って堂々と言う。「格差があっていいじゃないか!」「格差の何が悪い!」
 だが、これって、村上世彰やホリエモンの…「金儲けして何が悪い!」「金で買えないものはない!」…と全く同質の「公共心ゼロ」の言葉なのだが、馬鹿保守はそのことには全く気づいていない。



 前半は良いが、後半の例えは若干おかしい。「公共心ゼロ」の人間を作ったのは、日本の教育であり、家庭であり、社会である。そこを正そうと馬鹿保守はしようとしているポーズは見えるのだが…。


 続けて氏曰く、
 格差拡大がなぜいけないのか、それは共同体崩壊によって個人のエートス・倫理規範が揺らぎ、安定が損なわれ、日本社会の高密度の「トラスト(信頼)」が消失し。国民の活力が縮小するからだ。


 固定化される格差は、いけないと思うが、納得のいく差はあっても良いと思う。努力が報われる世の中でないと、努力する気が起こらないはず。「信頼」が消失するのは、因果応報でない世の場合である。
 こうしてみると、共感したのは、自民党が「馬鹿保守」である部分だけか…。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
国家公務員離れ
 国家公務員の志願者が大幅に減少しているらしい。官庁や自治体は、景気の良い民間企業に学生が流れたと見ており、「バブルのころに似てきた」との声も漏れる。

 しかし、団塊世代の大量退職への対応と、近年採用を抑制してきた分の人材を確保する必要があるにも関わらず、このままの状態だと無能な者を採用し数合わせをせざるを得ない。最終的にツケは我々国民に回ってくる。

 原因は、「官から民へ」「小さな政府」の小泉改革で、これからは役所では面白い仕事ができそうもないと感じて止めるよりも、公務員バッシングの煽りで民間より「給与が低い」「福利厚生が悪い」「社会的地位の低下」といった単純な理由であるように感じる。優秀な人に優遇措置や高給を与えても良いと思うのだが、安住の地で奢り、自らを破滅させた一部の官僚が国民の怒りを増幅させてしまったようだ。

 政治家に頑張ってもらいたいと思うのだが、目クソ鼻クソだ!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
株暴落
 28日の東京株式市場は、米中経済の先行きへの懸念から前日の米国市場が、大幅安となったことを受けて、大幅続落した。

 全然、気にならないが、景気への影響はどうか…。

 過去に、絶対株は儲かるや先物取引しないか、FX必勝法、競馬、パチンコ等々の甘い誘いを受けてきたが、どれもやっていない。欲を出して損をするのが関の山だ。

 しかし、欲を出して大損するヤツが儲けているヤツの何十倍もいるはず。投資をする場合は、金を捨てる気でやらないといけない。

 前にも書いたが、チャップリンの言葉を、
 「人生に必要なのは、勇気と想像力とほんの少しのお金」。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
情報で教育が変わる!情報で私は辞めました!
 2月19日放送のテレビ東京系番組「カンブリア宮殿」でベネッセコーポレーション社長の森本昌義氏がゲストで出演。ソニーの役員から通信教育最大手のベネッセコーポレーションで経営改革を断行し、わずか2年でV字回復させた。

 すばらしい人で、良い話しを聞けたと思っていたら、今朝、週刊誌に、“部下の妻を「愛人」「社長室長」にした「進研ゼミ」社長「子供400万人」を通信教育するベネッセ「セクハラ社長」は人妻と「白昼の不倫キス」もう受験生も「しまじろう」もビックリ!”とのゴシップ記事にビックリ!

 そして、21日、臨時取締役会を開き、森本昌義社長が退任し、福武総一郎会長が社長に復帰する同日付の人事を決めた。22日発売の週刊誌が森本社長の女性問題の記事を掲載することが分かり、教育事業を扱う企業として経営に与える影響が大きいと判断した。
 森本氏の女性問題については、同社内で調査中という。森本氏は「記事の内容は事実ではないが、お客様や株主に迷惑をかける」として辞意を表明。取締役会も「女性問題を報道されること自体が、高い倫理観と社会の信頼を必要とするベネッセにとってマイナス」とし、退任を決議した、との報道。

 記事の内容が事実でないならば、辞める必要はないはずで、裁判で争い、損害賠償請求でもすればいいはずだ。すんなり辞めるところをみると事実であるようだ。

 清廉潔癖で、叩いてもホコリの出ない人はいないのか。下半身には、人格がないのか。豪傑、甲斐性では今の世の中はやっていけないということ。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:45 | comments(6) | trackbacks(0) | PAGE TOP
2020年までに朝鮮半島が統一する可能性高い
 アーミテージ元国務副長官は16日、戦略国際問題研究所(CSIS)が発表した「米日同盟:アジアとともに2020年まで」と題する報告書で、「2020年までに南北が統一される可能性が非常に高い」との見通しを示した。

 アーミテージ元副長官は「旧ソ連の崩壊後にウクライナの核問題が解決されたように、北朝鮮核問題の最終的な解決も南北統一後に行われる可能性がますます高まってきている」と分析した。

 ちなみに、ソ連崩壊後に核弾頭をすべてロシアに返還し非核化を宣言したウクライナの場合、核施設の撤去作業は結局米国が受け持つことになっている。

 また、「北朝鮮が最後まで核兵器をあきらめない可能性も除去してはならない。南北統一をめぐるシナリオのうち、北朝鮮が不安定化するといったシナリオが現実のものとなる場合、北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)の管理に問題が発生し、難局を迎える可能性がある」と予想した。
(朝鮮日報より抜粋)


 金正日総書記が、2020年まで生存している可能性が少ないことを考えれば当然と云えば当然である。北朝鮮は、追い詰められており、もう少し経済制裁を続ければ自滅するのは明白である。
 しかし、米国が、6カ国協議で妥協したのは一体何だったのだろうか。原爆による自爆を避け、真綿で首を締めていく作戦か…

 北朝鮮難民で韓国と中国が疲弊し、笑うのは米国というシナリオなのか。日本も笑えれば良いが…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
米の最後通告
 3泊4日で志賀高原へスキーに行っていたため、インターネットだけでなくほとんどニュースと接する機会がなかった。たまには、こういう生活も良いかもしれない。

 ところで、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で、米国が北朝鮮に対し「これ以上の交渉の必要はない」と最後通告を突きつけ、土壇場で北朝鮮が軟化してしまったようだ。エネルギー支援で過大な要求を突きつけてきた時は、交渉決裂により、米国が北朝鮮を攻撃するという芽があったのだが…

 ゴネ得は決して許してはならない!しかし、まだまだ、芽があるかも! 


 帰ってきて、また普通の生活に戻り、ブログをエントリーしてしまった。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
金総書記が列挙した「21世紀の3大バカ」とは
 大阪市が公園の野宿者テントを強制撤去したことに対しての新聞の論調は、「弱者いじめ」。それならば、新聞社の建物の一角や支援者の庭先を野宿者に貸してあげたらどうか、と書こうと思ったが、朝鮮日報の記事の方が面白そうなので引用させていただく。

*********************************

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は、パソコンを使えない人をヘビースモーカー、歌が下手な人とともに「21世紀の3大バカ」と表現したと、英国誌『エコノミスト』が最新号で報じた。

 『エコノミスト』誌は「異常だが(イントラネットで)つながっている(weird but wired)」と題した記事で、2000年に北朝鮮を訪問した米国のマデレーン・オルブライト国務長官(当時)に対し、金総書記がメールアドレスを尋ねたという逸話を紹介し、北朝鮮のインターネット事情についてルポした。

 同誌によると、北朝鮮は2000年に国内用の光ファイバーケーブル網「光明」を構築し、全国的なイントラネット網を整備したが、外部の世界と自由に情報をやり取りできるインターネットへの接続は数千人だけに許可されているという。許可された人以外のユーザーは、朝鮮コンピューターセンター(KCC)が管理・統制するファイアーウォールによって外部の世界から遮断されているのだ。

***********************************

 自国民をインターネット接続させず、バカにすることにより、自分の政権を維持しようとしている、ってか?
 北朝鮮向け短波放送で北朝鮮国民に対して事実を知らしめる必要がある。しかし、北朝鮮国民がラジオを持っているのか少々疑問だが…。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
中国が衛星兵器実験 米、宇宙での軍拡競争懸念
 米政府は18日、中国が対衛星兵器の実験に11日初めて成功したことを確認し、中国政府に対し懸念を表明したことを明らかにした。有人宇宙飛行に成功した中国が衛星攻撃能力まで保有したことで、米国やロシアが対抗して宇宙空間での軍拡競争が始まるとの懸念が出ている。実験で破壊された衛星の破片が、日本も参加する国際宇宙ステーション(ISS)などの脅威になる可能性も指摘されている。

 17日に実験を最初に報じた航空宇宙専門誌エビエーション・ウイーク・アンド・スペース・テクノロジー(電子版)などによると、中国は米東部時間11日午後5時28分(現地時間12日朝)、四川省の西昌宇宙センターから対衛星兵器を搭載した中距離弾道ミサイルを打ち上げた。このミサイルに搭載された「運動エネルギー迎撃体(KKV)」と呼ばれる装置が、99年に打ち上げられていた中国の古い気象衛星「FY−1C」に高度約860キロ付近で衝突し、破壊したと見られる。

 米国家安全保障会議(NSC)報道担当官は、18日の声明で実験を確認し、「この兵器の開発と実験は(米中)両国が民間宇宙開発分野で実現を目指す協力の精神に反する」と中国を非難した。
【毎日新聞より抜粋】


 中国国営新華社通信は、日本の防衛庁が防衛省に昇格したことを論評で取り上げ、「日本が再び軍事大国に向け重要な一歩を踏み出した」と厳しく批判、「日本が『専守防衛』戦略を調整」と位置づけ、昇格の目的を「侵略戦争の失敗とそれに伴う規制から脱出し、自衛隊の手足を縛る“呪文”を振りほどくことだ」と指摘。「防衛省昇格は、日本の平和国家としての組織構造を変え、北東アジア地域の軍事バランスに影響を与える」と警告しておきながら…

 中共の脅威は北朝鮮の何百倍であり、世界の不安を煽動する最大の国であることは間違いない!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
阪神大震災12年
 阪神大震災の発生から12年が経過した。12年前の1月17日午前5時46分の数時間前、横倒しになった阪神高速を信州からスキー帰りで通過していた私にとって忘れることのできない出来事である。帰路について寝込んだ途端、揺れで「ウォー」と叫んだ。収集で棚に置いていたウィスキーのビンや缶ビールが飛んで来て、埋もれてしまった。幸い、自宅が震源より少し離れていたため事無きを得たが、凄い揺れだった。

 早いものでもう12年か…。完全とは言えないが、街の復興は進行している。神の仕業か、数十年か数百年の周期で来るガラガラポンは、私が生きている間はもう止めてもらいたいものだ。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
逃げ得は許されない!
 ネット界激震!! 賠償命令を無視し続けてきた日本最大の掲示板「2ちゃんねる」の管理人、西村博之氏の全財産が仮差し押さえされることが12日、分かった。債権者が東京地裁に申し立てたもので、対象となるのは西村氏の銀行口座、軽自動車、パソコン、さらにネット上の住所にあたる2Chのドメイン「2ch.net」にまで及ぶ見込み。執行されれば掲示板の機能が一時停止するのは必至だ。

 12日午前、仮差し押さえを申し立てたのは、西村氏に対して約500万円の債権を持つ東京都の会社員の男性。

 男性は2Ch上で自身や家族の実名、住所を晒され、「人間の屑」「ネットストーカー」などと誹謗中傷されたため、昨年8月、管理人の西村氏を相手取り、東京地裁に書き込み者の情報開示を求める申し立てをした。

 西村氏が出廷してこないまま同9月に開示を命じる仮処分が出たが、何ら対応が得られないため、間接強制で1日5万円ずつ制裁金を科すこととなった。それでも西村氏の法廷無視は続き、決定から100日を経て債権は500万円に膨れあがった。

 夕刊フジ既報の通り、西村氏は一切の賠償命令を意識的に無視し続けている。昨年11月の講演会では「子供の養育費の踏み倒しと同じ。賠償金を払わせる方法はこれ以上ない。イヤなら法律をつくればいい」と強弁した。

 強気の背景には、何ら差し押さえられるはずがないという自信があるとされる。西村氏には固定資産がなく、給与の流れも不明なので、一般的な差し押さえは無理。弁護士が銀行口座を探り当てるなどしてきたが、西村氏も海外に資産を移すなど対抗策を講じてしまい、どの債権者も手をこまねいているのが現状だ。関係者によれば「(西村氏は)時効成立まで逃げ切るつもり」だという。

 男性も西村氏が所有する軽自動車の標識番号や銀行口座など、差し押さえられるものを何とか突き止めた。申し立てに際して周囲から「返り血を浴びる」「またネットでたたかれる」とたしなめられたが、「年収は1億円」とさまざまな媒体で放言する西村氏を見て意を決した。

 「被害者はみな、高い弁護士費用をかけながら賠償金を取ることもできない。当の西村氏は悠然と賠償命令を無視して億単位を稼ぎ、『賠償金が取れない法律に問題がある』と開き直っている。だから恨み言や批判を言うのはやめて、法律にのっとって被害者の痛みを少しでも知ってもらう」

 今後、西村氏の異議申立期間もあるが、これまでと同様に出廷しない場合、早ければ再来週にも強制執行が始まる。

 元旦から全国紙に登場するなど注目度満点の西村氏だが、新春から手痛いしっぺ返しを食らうことになった。
【ZAKZAKより抜粋】

 西村氏は、悪質な書き込みをめぐる訴訟で負け続け、巨額損害賠償金を抱える身だが、裁判や支払い判決を無視し続けている。「(裁判に)勝とうが負けようが払わなければ一緒」「僕に金を払わせたいなら、そういう法律を作ればいい」と言っているらしい。この手の人間が最近多いが、世も末か。
 堀江や村上のように世の中を舐めているといつか痛い目に会うと思っていたがついにその時がやってきたという観がする。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
毎日新聞と2ちゃんねらー 「全面戦争」の様相
 元旦の新聞各紙の1面トップを飾るのは、「入魂のスクープ」であることが多い。だが、今年の毎日新聞は例外だったようで、1面の見出しを飾ったのは、2ちゃんねらーにはおなじみの「祭り」という文字。だが、「祭り=悪意が燃えさかること」という記事の論調に、2ちゃんねるのスレッドでは反発する大量の書き込みが行われ、「全面戦争」の様相を呈してきた。

 話題になっているのは、「ネット君臨」という連載。連載初日の2007年1月1日には、3ページにわたって、2ちゃんねる関連の話題を取り上げている。記事の内容は、2ちゃんねるの書き込みで傷を負ったと訴える人の事例が二つと、2ちゃんねるの管理人である西村博之氏へのインタビューなどで構成されている。
【J-CASTニュースより抜粋】


 大手マスメディアと対抗できる「2ちゃんねる」がスゴイ。

 かつて、朝日新聞襲撃事件があった。言論の自由を暴力で圧殺しようとする事件であると批判されたが、一個人が大手新聞社に対して言論でどのように対抗できるのか疑問に思った記憶がある。確かに、暴力は良くないとは思うが、メディアも使い方によっては暴力と同じ効果を持つ。

 一方、毎日新聞が元旦の1面に「ネットの功罪」を取り上げたのはおもしろいと思ったし、ある意味「入魂のスクープ」かと…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
今年の10大ニュース
 今年ももう終わろうとしている。年を追うごとに1年が早く感じるのは私だけだろうか。

 さて、平成18年を振り返って、私の独断と偏見で今年の10大ニュースを選んでみた。

1.ライブドアの堀江貴文前社長逮捕
2.冬季五輪トリノ大会開催
3.第1回ワールド・ベースボール・クラシックで日本が初代王者に
4.耐震偽装で姉歯建築士ら逮捕
5.村上ファンド代表村上世彰逮捕
6.サッカーW杯ドイツ大会開催
7.秋篠宮妃紀子様が男児をご出産
8.自民党安倍総裁が初の戦後生まれ最年少で首相に選出される
9.北朝鮮が地下核実験を実施
10.フセイン元イラク大統領死刑執行

 来年は、もっと良いニュースが多くなることを祈りつつ、また、きまぐれに時評を書いていきたいと思う。
 来年もよろしく!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
中国の国防費 16年連続で年平均15%増
 中国国防省は、29日に発表した『2006年国防白書』で、今年の国防費が05年より約14.6%増の2838億元(約4兆3482億円)になると推計した。
 中国は2005年、2474億9600万元(約3兆7983億円)の国防費を支出した。これは、同年の国内総生産(GDP)の増加率10.2%を上回る増加率だ。1990年から2005年までの16年にわたり、中国の国防費は毎年平均15.36%増加してきた。だが、中国の国防費の総額は、同年の米国の国防費(約58兆8286億円)の6.19%に過ぎず、英国、日本、フランス、ドイツよりも少ない、と国防白書には書かれている。ところが米国国防省は、中国の国防費は中国政府の公式発表よりも2、3倍多い、700億ドル(約8兆3300億円)から1000億ドル(約11兆9000億円)ほどになると推計している。
  一方、中国はこの日発表した国防白書に、北朝鮮の再度の核実験やその他の有事に備えるための監視体制や観測施設を広範囲に構築することを盛り込んだ。
(朝鮮日報より)

 我国を軍国主義だの靖国参拝を批判する資格が中共にないことは明らかだ。因みに、我国の国防費は約4兆9千億円(平成18年度)で国家予算に占める割合は世界最小である。
 北朝鮮の脅威以上に経済発展を続けている中共の方が怖い。早く一党独裁から民主主義にする必要がある。

 奇しくも本日、フセインの死刑が執行された。次は誰だ!?

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
戦後最長「いざなぎ景気」超える?
 政府は11月の月例経済報告で、2002年1月を底として翌2月から回復過程に入った景気が、連続58カ月の拡張になったとの判断を示した。それにより戦後最長の景気拡大期だった「いざなぎ景気」の連続57カ月の記録が塗り替えられたらしい。

 しかし、戦後最長といわれても本当に景気は良くなっているのか、全然実感がない。

 確かに、大企業は業績を上げているのだろうが、我々庶民の賃金は一向に伸びないうえに減税がなくなり、社会保障費負担が上がり、実質所得は減少するのだ。そのうえ、消費税率引き上げが確実視されている。不安は募るばかりだ。

 こんなに貰っていいのかと思うくらい給料や賞与を貰ってみたいものだ!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
郵政造反議員復党で来夏参議選自民惨敗か?
 小泉純一郎前首相は29日夜、東京都内のホテルで安倍晋三首相、自民党の中川秀直幹事長、武部勤前幹事長とともに、昨年の郵政選挙で初当選した新人衆院議員らでつくる「83会」に出席し、郵政造反組の無所属衆院議員11人の復党を認める考えを明らかにした。

 出席者によると、小泉氏は「造反組の人たちは自分の政治信念を曲げるような土下座を受け入れたのだから、復党を認めてやってもいいじゃないか」と語ったという。さらに「(造反組の刺客となった新人議員の)君たちは恵まれている。自民党の国会議員になりたくても夢果たせず政界を去っていった人はたくさんいる。もう一度そのことをしっかりかみしめ、自らの役割を果たしてほしい」と述べ、造反組復党の反対運動に終止符を打つよう注文。ただ、平沼赳夫元経済産業相については「信念を曲げないのであれば、復党願を出すのはおかしい」と批判したという。

 一方、衆院岐阜1区で造反組の野田聖子元郵政相と競合する83会の佐藤ゆかり衆院議員は会合に先立ち、中川幹事長に1500人分の「復党反対」の署名簿を提出した。(msnニュースより)

 郵政民営化反対を公約として当選しておきながら、その公約を反故にする。こんな政治家を生かしておくほど日本は腐っていないはず…
 自分の信念を曲げるなら国民の信を問うべきが筋。このままだと来夏の参議院選挙は自民党の惨敗は必至だ。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
北朝鮮 金正日が真っ青になった一言
 強硬姿勢だった金正日総書記が突然、軟化し始めた。訪朝した中国特使の唐家セン前外相に「2回目の核実験はしない」と約束したというのだ。核実験したことを謝罪までしている。金正日に一体、何があったのか。(中略)

 中国が金正日に「石油の供給を止めるぞ」と脅しをかけたのは確実だ。米ニューヨーク・タイムズは、北朝鮮が再び核実験を実施したり、6カ国協議への復帰を拒否し続けた場合、中国は数週間以内に原油供給削減に踏み切る可能性があると報じている。

 しかし、その程度の脅しに金正日が悲鳴を上げるとは思えない。ズバリ「命の保証はしない」と恫喝された可能性が強い。【ゲンダイネットより抜粋】

 *****************************************************

 最近、北朝鮮のエントリーが多くて申し訳ないが、金正日体制崩壊が近い気がして書きたてられるのだ。そのシュミレーションの1つに暗殺があるが、それを米国ではなく中共が企てたとしたら…

 米国と中共の凌ぎ合いが水面下で行われているようだ。

 しかし、金正日総書記の健康状態は良くないとの噂もあり、案外、「寿命」による崩壊で終焉を迎えるかもしれない。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
滅びの哲学
 核実験実施を発表した北朝鮮に対する国連での経済制裁論議が大詰めを迎えているが、国際社会の圧力に関係なく、北朝鮮の一般市民は困窮にあえいでいる。国家予算の大部分が核兵器開発など軍事部門にあてられ、市民生活の改善はほとんど図られていない。国際的孤立が進む中で市民はいっそう苦しい生活を強いられそうだ。  (毎日新聞より)

 金正日政権の崩壊が近いと思われるが、恐ろしい話しを聞いた。金正日の「滅びの哲学」は、自分が滅びる時には世界が滅びる時であるらしい。そのために、核兵器の開発を進めているのであるというのだ。
 まるでオウム真理教のようではないか。このまま生かしておくと何をするかわからない。道連れにされないためにも早くポアしないと…

 ところで、私は「輪廻転生」を信じており、人生は一度限りではなく何度も生まれ変わって過去の罪を背負っていかなければならない。そう考えると悪いことはできないと思うのだが、麻原彰晃にも金正日にもそんな哲学があるはずもない。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:27 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
北朝鮮核実験:国際社会、厳しい反応
 北朝鮮の核実験実施発表を受け、国際社会からは厳しい反応が相次いだ。中国は核実験について、「横暴」と異例の激しい言葉で北朝鮮を批判、ブッシュ米政権も対北朝鮮制裁に道を開く安全保障理事会決議案の提出など、徹底した強硬策で臨む方針だ。一方、韓国では盧武鉉政権の融和政策への批判が強まることが予想される。
 ブッシュ米政権は、北朝鮮を「悪の枢軸」の一角に位置付け、圧力によって核開発放棄に追い込むという路線を歩んできた。
 しかし、その帰結が核実験となったことで政権の対北朝鮮政策の行き詰まりも浮き彫りになった。当面は北朝鮮に圧力をかける具体的な措置を各国に求める方針。特に中国に対しては食糧支援とエネルギー供給の見直しを求め、金正日体制の封じ込め強化を図るとみられる。(msnニュースより抜粋)

 以前のエントリー「脅しの最後のカードを切る」で「最後のカードを切って自爆か…。」と書いたが、こんなに早く切ってくるとは思ってもみなかった。相当追い詰められているようだ。

 今後のシナリオを予想してみると…

 昔の米国なら空爆で終わりにしていただろうが、今はちょっと難しい。そこで、クーデターによる政権崩壊が現実的か。水面下で着々と企てが進んでいるに違いない。

 私の妄想は広がる…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
脅しの最後のカードを切る
 脅しのカードで権力維持を図る隣国のドン。ミサイル威嚇が通じないと見ると今度は核実験予告ときた。制裁を解いてほしいなら強がりをやめた方が近道だ。暴走は孤立を深めるだけということがなぜわからぬ。(毎日新聞より)

 そろそろ終焉が近い気がする。「最後のカード」を切って自爆か…。米国に通用しないのがどうしてわからないのだろう。後ろ盾の中共に切り捨てられるのがいつかにかかっている。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:28 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
坂東眞砂子の支離滅裂反論
 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)=フランス領タヒチ在住=が、日本経済新聞に寄稿したエッセーで告白した「子猫殺し」。その内容をめぐって余波が続いている。タヒチを管轄するポリネシア政府は、坂東さんの行為を動物虐待にあたると、裁判所に告発する構えを見せている。20日から26日は、動物愛護週間。坂東さんが、真意を語りたいと毎日新聞に寄稿した。

 ◇坂東眞砂子さん寄稿…子猫を殺す時、自分も殺している
 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢さからだ。
 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。
 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。
 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。
 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。
 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。
 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。
 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。


 この支離滅裂な反論。私が逐一指摘するまでもないだろう。まったく自分勝手な傲慢さが増幅した。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
国旗国歌:小泉首相が違憲判決に疑問
 小泉純一郎首相は21日、入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制したことを違憲・違法とした東京地裁判決について「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬意を表すというのは」と述べ、疑問を投げかけた。(msnニュースより)

 これは、東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であり、難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じたことに対する小泉首相のコメントである。

 しかし、この裁判長は、日の丸、君が代について「第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的なものと認められるまでには至っていない」と指摘しているが、左翼思想の持ち主か?

 それ以上に都立高校の教師が、日の丸、君が代を否定するとは世も末。人格もなく学識にも乏しく、ただ「教師」というサラリーマンになり下がった労働者に尊敬することなどできない。教師は、「人間をつくる職業」であるべきであると思うのだが…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:25 | comments(3) | trackbacks(1) | PAGE TOP
特例高金利問題
<特例高金利:自民若手 全面禁止まで「4年」案まとめる>

 消費者金融の規制強化問題で、政府・与党は8日、少額の短期融資に限って年28%の特例高金利を認める期間について、金融庁案の「5年」を2年短縮し、「3年」とする方向で調整に入った。金融庁案は法施行後3年の経過措置を取った上で特例期間を5年認める内容で、法改正から施行までの1年を含め、9年間にわたり上限を上回る高金利が残る。そのため、日本弁護士連合会などから「長すぎる」との批判が噴き出していた。

 金融庁案は、出資法の上限金利(年29.2%)を20%に引き下げるが、急な金利引き下げで融資を受けられなくなる借り手が出てきたり、システム整備に時間がかかるなどとして、経過措置や特例高金利を盛り込んでいた。

 一方、グレーゾーン金利の早期撤廃を主張する自民党の若手議員らは同日、上限金利を上回る融資の全面禁止までの期間を、金融庁案より大幅に短い「4年」にすることを柱にした独自改正案をまとめた。大塚拓衆院議員らが11日、自民党貸金業小委員会に提出する。

 独自案は、金融庁案と同様、3年の経過措置をとるが、少額・短期融資の特例高金利についてはこの期間に限って認める。法改正から施行までの1年を含め、4年間で上限金利を20%に一本化する。(毎日新聞ニュースより抜粋)


 この問題は、お金を借りる時の金利(利子率)の上限を定める法律が2種類あり、「利息制限法(年金利上限が15〜20%)」と「出資法(同29.2%まで)」を1つの金利にするという単純なものであるにも関わらず、甘い汁を吸っている一部の議員の反対でまとまらないというものだ。

 まず、この反対している議員が誰であるかを明らかにすべきである。

 そして推測であるが、大手消費者金融に大量に融資している「銀行」が反対しているように思えてならない。本来業務(個人への融資)をリスクが大きいため消費者金融に任せ、殿様商売しやがって!

 窓口が開いているのは、午前9時から午後3時まで。長時間待たせる。高い手数料。

 みんなで声高で叫ぼう、「銀行は改革しろ!」。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 11:50 | comments(54) | trackbacks(6) | PAGE TOP
秋篠宮妃紀子さま男児ご出産
 おめでとうございます。

 的中!私の過去のエントリー「皇室典範改正問題」で男子出産予想が見事的中した。現在の医療科学で男女の産み分けなどいとも簡単に違いないが、2分の1の確立であるのに41年間皇室に男子が生まれなかったことの方が不思議であったのだ。

 さて、日本の天皇が天皇たる所以は、男系で125代脈々と続いてきたという血統の正統性にあるのだ。今後も断固、男系で継承していってもらいたい。男系での安定的継承に問題があることに対しての方策の1つとして、旧宮家の男系男子の皇族復帰がある。ただ、この復帰論反対意見に「皇室を離れて60年以上がたっており、皇族としての国民の理解や支持が得られない」があるが、普通に考えれば今後皇位継承者が途切れるのは80年後となる。したがって、数十年かけて宮家の伝統を継承すれば良く、問題ないと思うのだが…

 いずれにしても、今はあまり騒ぎ立てず、「お健やかなご成長を心よりお祈り申しあげます。」と言うべきなのかな?

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(4) | PAGE TOP
勝ち馬に乗る
 昨日の安倍晋三氏の自民党総裁選への正式出馬表明からメディアはこの話題で持ち切りで、テレビには出ずっぱりだ。

 他の候補を寄せ付けず一強の様を呈している。そして次のニュースだ。

 ■自民総裁選:政権人事にらみ、安倍氏支援の議員組織が続々

 自民党総裁選で優位に立つ安倍晋三官房長官の下に議員の支援組織が乱立し、8日の告示を待たず功名争いがし烈さを増している。森派を中心とした派閥横断の総合選挙対策本部「安倍応援隊」に、中堅・若手の「再チャレンジ支援議員連盟」、安倍氏と親しい石原伸晃前国土交通相らの「支える会」など計6組織(一部議員は重複)が入り乱れ、互いに「『安倍政権』の人事をにらんだ動きだ」とけん制し合う。限られたポストへの期待は膨らみ、さながら「安倍バブル」の様相だ。

「党内にはあらゆる世代に有為な人材がいる。適材適所、誰が一番ふさわしいかの一点で決める」

 安倍氏は1日の出馬表明の際、内閣・党役員人事では派閥からの推薦を受け付けない「小泉流」を踏襲すると宣言。ベテランから若手まで幅広い世代を登用する考えも示した。派閥縦割り人事の否定が、支援組織の続出に拍車を掛けている。(毎日新聞ニュースより抜粋)

  「勝ち馬に乗る」とはこのことか。今回の総裁選に波乱はなさそうなので自民党もその後のことが気になるようだ。
 安倍氏が首相なら中韓関係の悪化を懸念する人が多いが、今までの土下座外交では相手に付け入られるばかりだ。その点については安倍氏は評価できると思うが…。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
靖国は総裁選の争点ではあらず
 新聞やテレビで靖国の問題がクローズアップされている。バラエティ番組が隆盛を極めているときにテレビで取り上げることは好ましいことだと思うが、内容がバラエティなんだよ!

 自民党総裁選の争点に靖国参拝問題を浮上させようとマスコミは画策しているようだが、もっと重要な問題があるだろう!「中国・韓国の日本領土侵攻問題」や「格差社会問題」、「少子高齢社会問題」、「教育改革問題」、「年金・介護・福祉」、「行財政改革」など挙げれば限りがないではないか!

 安倍晋三氏が独走状態であるからといって、本質を究めなければ新聞もゴシップ週刊誌に成り下がってしまう。阪神タイガースファンの一人としては、判らないでもないが…。中日、卑怯なり!(何が卑怯か、全然判らないが…。オールスター戦出場しろよ!)

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(1) | PAGE TOP
美しい国へ
 9月8日に告示される自民党総裁選まであと1ヶ月。谷垣禎一財務相が出馬表明し、安倍晋三官房長官、麻生太郎外相も独自政策を訴えるなど既に前哨戦に突入している。「再チャレンジ可能な社会」に加え教育改革も重点にする安倍氏に対し、谷垣氏は「非小泉・安倍」路線を鮮明化、麻生氏も靖国問題などで独自色を出そうと策を練る。ただ、安倍氏「一強」の構図は固まりつつあり、政策論戦もいまひとつ盛り上がりに欠けているようだ。

 その安倍晋三氏初の著書「美しい国へ(文春新書)」をやっと読破する。内容は、国家のあり方や歴史認識を客観的に論じており、将来の日本を正しい方向に導いてくれそうな期待感を持たせてくれるものとなっている。タイトル「美しい国へ」は、日本国への提言と捉えるより、自信と誇りの持てる美しい国にしなければならないという意味であると感じたのだが…。
 「中国読みの美国は、アメリカのことで、日本はアメリカになるということだよ」というブラックジョークがあるそうだが、それはない!だって、中国を好きでない安倍氏が中国読みするはずがないから。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(3) | PAGE TOP
瀬戸際外交
 ミサイル発射強行、中国代表団との面談拒否などを巡り、最近北朝鮮の金正日総書記が「逆行」式統治形態を見せているという指摘が出ている。

 2000年以降の一時期、金総書記は国際社会への復帰に向けた努力や南北関係改善、内部改革に積極的な姿勢を見せているという評価を受けた。ところが、最近になってこのような動きにすべて逆行する方向へ向かっているというのだ。

 その代表的な分野が外交だ。北朝鮮は、2000年に趙明禄国防委員会第1副委員長が米国を訪問し、西側十数カ国と国交を正常化し、2002年には日本と首脳会談を行うなどの外交攻勢を繰り広げた。

 しかし2002年、米国の「悪の枢軸」発言以降は、核保有宣言、ミサイル発射強行などで国際社会への脅迫を繰り返す「瀬戸際外交」に再び戻ってしまった。そのため、北朝鮮外交は失踪状態に陥ったという評価を受けている。さらに、国連安保理決議が迫った状況においても、金総書記は北朝鮮を訪問した武大偉外務次官ら中国代表団との会談を拒否するなど、外交的孤立を自ら招いている。(朝鮮日報より)

 このままいくと北朝鮮は自爆の道しかなく、金正日体制の崩壊も近いと云わざるを得ない。その時、中露はどう動くか。歴史の大きな転換を目の当たりにしそうな匂いがしてきたぞ。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
日本は騒ぎすぎ?
 サッカーの第18回ワールドカップドイツ大会は、決勝でイタリアがPK戦を制してフランスを降し24年ぶり4回目の優勝で幕を下ろした。

 ヨーロッパでは盛り上がっていたようだが、やはり日本では前回大会ほど盛り上がらなかった。

 前回大会と言えば、日韓共同開催だった。共同開催で関係が良くなることを願った人達もいたかもしれないが、小泉政権以上に盧武鉉政権は問題ありで、関係は悪化するばかりだ。

 韓国青瓦台(大統領官邸)は9日、北朝鮮のミサイル発射問題に関する声明を発表、「無理に日本のように未明から大騒ぎする必要はない」と述べた。声明は盧武鉉政権が同問題で積極的な対応を取っていないとの国内からの批判に反論したものだが、日韓の姿勢の違いが浮き彫りになったことで、今後の連携に影響が出る可能性もある。
 また青瓦台の宋旻淳・統一外交安保政策室長は同日、聯合ニュースに、日米などが国連安全保障理事会に提出した制裁決議案の効果に疑問を呈し、制裁自体にも批判的な見方を示した。(共同通信)

 北朝鮮がミサイル発射前に航海禁止区域を設定していたことを把握していながら、韓国政府は民間航空機や漁船に航路変更を指示しなかったことがこれまでに分かっている。その理由について韓国政府の説明はつじつまが合わず、より大きな問題だとする指摘が出ている。(朝鮮日報)

 北朝鮮のミサイルが韓国に誤射されたらどうするつもりなのか。ついでに、中国とロシアにも…

 最後に自弾の攻撃を受けてみろ!(ジダンの頭突きは少し不可解だった。) 
| ドクターK | 時評 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
困った隣人達
北朝鮮 ミサイル発射7発発射

 北朝鮮が5日、テポドン2号を含む弾道ミサイルの連続発射実験を行った主な狙いは、核問題を扱う6カ国協議や日本人拉致問題をめぐり、こう着状態に陥っている米国、日本との関係に揺さぶりをかけ、突破口を開くことだとみられる。脅威を誇示して交渉相手の譲歩を求めるのは北朝鮮の常とう手段であり、関係国政府には冷徹な判断が求められる。

 日本政府は、万景峰号など北朝鮮船舶の入港禁止や改正外為法による送金停止などの経済制裁を検討しているらしいが、効果はあるのか疑問だ。兵糧攻めで困るのは弱い国民で、革命が起きるのを願うだけか…


韓国 竹島周辺の日本主張の排他的経済水域(EEZ)で海洋調査

 政府は5日、韓国が竹島周辺で調査を行ったことに抗議し、対抗措置として日本側も竹島周辺海域の調査を行う方針を韓国に伝えた。韓国船の調査に対しては強硬措置を避け、海上保安庁の巡視船が中止を無線で呼びかけるのにとどめた。

 日本の対応は甘すぎないか?対抗措置の日本側の調査で攻撃又は拿捕されたらどうするつもりなのか。それを恐れて対抗措置を取らなかったら、それこそ舐められる。


 そして、虎視眈々と日本を狙っているのが中国だ。危ない危ない。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:52 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
日銀総裁火ダルマ ファンド以外に株
 先週、私の息子が「手足口病」に罹り舌に発疹ができたため痛くて食べ物を口に入れることができず毎日泣いていた。そんなに痛いのかと思っていたら、なんと私が感染してしまった。舌の横に小潰瘍ができ、食べ物を口に入れると痛いの何の、涙が出るくらい痛い。病院で痛み止めの薬をもらったが、あまり食べられない日が5日間続いた。少し良くなってきたが、「手足口病」って「4歳位までの幼児を中心とした疾患であり、2歳以下が半数を占める、成人での発症はあまり多くない」のに勘弁してくれよ!

 本題に入ろう。

 日本銀行の福井俊彦総裁が村上ファンドへの投資だけでなく、民間企業にいた時代に株式を取得し、現在も数社分保有していることが15日、明らかになった。「自分の発言で株が上下する立場にいながら、株を保有しているのはいかがなものか」との批判が高まっている。総裁就任時に手放さなかったのはなぜか。

 15日の参院予算委員会で、福井総裁は「(民間時代に)いくつかの社外取締役に就任し、その会社の株を最小限保有した」と発言した。保有理由は「株主の立場で経営にあたるため」と説明したが、どの株を持っているかは明かさなかった。富士通、商船三井、キッコーマンなどの社外取締役を務めた事がある。
 福井総裁は日本銀行入りし、若いころから頭角を現していた。94年の副総裁就任で次期総裁の座がほぼ約束されていたが、「ノーパンしゃぶしゃぶ接待」など、大蔵省・日銀の度重なるスキャンダルのため、当時の松下康雄総裁と共に監督責任を問われ、98年に副総裁を辞任。日銀を一時的に離れることになる。
 98〜03年が民間にいた時代だが、村上ファンドに1千万円投資したのが富士通総研理事長だった99年秋。そのあと前記の社外取締役を務めていた。

 16日の衆院財務金融委員会で、福井総裁は1千万円投資した村上ファンドで、「年によっては数百万円の利益も出ていることがあった」と話した。金融業界や財界からも批判が続出、福井総裁は火ダルマ状態だ。

 しかし、福井総裁はこれまで日銀のトップとして、国民に預金金利がほとんどつかないゼロ金利を強いてきたくせに、自分は投資で大儲けとは…
 日銀の内規に違反しないとはいうが、その内規を示してくれ!

 日本はどうかしているぞ。勘弁してくれよ!!

 ライブドア・村上ファンド問題から出てきた問題ではあるが、まだまだ飛び火しそうな雰囲気である。
 
| ドクターK | 時評 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
プロミス?
 消費者金融の話しではない。「村上ファンド」の村上世彰代表は5日午前、東京証券取引所で記者会見。「多大な迷惑をおかけした」と謝罪、「株で儲けようとしたわけではない」とインサイダー取引の認識は否定したが「構成要件には当たる。プロとしてミスがあった。」と容疑を認めた。

 検察のロジックに引っかかりやがったな。検察に「村上さんは儲けようとしたわけじゃないが、宮内の話しを聞いたでしょ。」で落ちた。

 しかし、ライブドアの堀江被告と対照的。堀江被告は事件について否認を続け、自分が助かれば周りの仲間や恩人まで犠牲にしてもかまわない、というような対応。村上氏は『全て自分の責任』として罪を被り、周りの人間を守ろうとしているようだ。

 特に、村上ファンドの設立と経営に大きく関与していたオリックスの宮内義彦オーナーについては勘ぐりたくなる。少し前に資本提携を解消してうまく縁を切ったようだが…

 ちょっとやり過ぎて、天罰が下り、“モノ言う株主”は「レッドカード」で証券市場から退場していった。チャンチャン。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
儲けすぎてないか?メガバンク
 三菱UFJフィナンシャル・グループが22日発表した2006年3月期連結決算は、景気回復などを背景に、税引き後利益が1兆1817億円となり、国内トップのトヨタ自動車(1兆3721億円)に迫る巨額の黒字を計上したらしい。また、他のグループも軒並み最公益を上げているという。

 ところで、銀行の本来の役割とは何か?

 自分の利益を確保することに重点が置かれ、顧客の都合を聞こうとしていないのではないか。資金を必要としている企業に必要な資金を提供するのが銀行の役割のはずである。ところが、サラ金に金を貸して、危険を回避して儲ける。預金者の金利を低く据え置き続けているのに手数料はたんまり取る。儲けのない両替には嫌味さえ言う。

 こんな品格のない企業に国は、公的資金を注ぎ込んで、そのうえ粉飾決算までしたグループがあったのだ。こんな大手金貸しに対する痛いしっぺ返しはないものか…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
ただの拝金主義の経済ゴロツキ
 阪神電鉄の筆頭株主(保有比率約46%)で村上世彰氏が率いる投資ファンド(通称・村上ファンド)は2日、阪神電鉄に対し、同ファンドが推薦する9人を取締役に選任するよう求める議案を提案したと公表した。阪神の取締役は16人で、6月29日の株主総会で可決されれば過半数の取締役を占め、経営権を実質的に握ることになる。

 恐らくこの提案は、阪急が阪神株を公開買付けににより取得しようとしていることに対する株価吊り上げのための脅しであろう。

 村上氏は、通商産業省時代はM&Aの法整備を行っていたため、証券取引法に精通している。法の盲点、未整備を突いて金儲けをするのはお手の物に違いない。

 しかし、本来、株主というのは会社の目的や使命に共感して出資し、直接経営には口出ししないものだ。それが嫌なら自分で会社を設立して経営すればいいのだ。株価と配当にしか興味がなく、株を持っている間は資産を売り払ってでも配当を要求し、株価が高い時に売り抜ければ会社がその後どうなろうと知ったことじゃないというような投資屋は株主としての資格はない。
| ドクターK | 時評 | 01:37 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
竹島は不法占拠
 政府は26日、韓国が竹島(韓国名・独島)に警備隊員を常駐させるなどして「実効支配」を主張していることに関し「『実効支配』は韓国から見た言い方であり、不法占拠の正当化につながりかねない」(外務省幹部)として今後は「不法占拠」との表現を徹底する方針を決めた。(2006年 4月26日 共同通信)

 実効支配とは、ある国家が領域を実態の上で統治していることを指すならば、竹島は自国の領土に属さない地域を軍事的に支配する占領にほかならない。したがって、竹島は韓国に『不法占拠』されているという表現が事実に即しているといえる。

 しかし、ようやく日本政府もはっきり物が言えるようになってきたじゃないか。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
負け組ゼロ社会?
 千葉7区衆議院議員補欠選挙で民主党が一矢を報いて、小沢一郎代表の手腕が国民にどこまで通用するか…

 ところで、選挙で勝ち組となった太田和美氏の政策公約が、「負け組ゼロ社会の構築」である。負け組ゼロ社会ってどんな社会なんだ?

 実は奇しくも民主党がメール問題で墓穴を掘った時に、このブログで「格差社会」(3月7日付)について書いたのだが、今もアクセス数が一番多い。そこでは、所得格差について書いたのだが、問題なのは希望格差であることが、山田昌弘著『希望格差社会』(筑摩書房)で指摘されており、なるほどと思ってしまった。

 将来に希望を持つことができず、さまざまなリスクから逃れることができない。そして、努力をしても報われることが期待できないと感じ、現実にそれが報われない人たちが急増しているというのだ。

 いずれにせよ、「負け組ゼロ社会」は有り得ない。
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
竹島問題
 政府は19日、海上保安庁による竹島(韓国名・独島)周辺海域の海洋調査計画をめぐる日韓の対立で「円満な解決」(安倍晋三官房長官)に向け、韓国側と非公式に折衝した。ただ、海洋調査については「国際法にのっとったものだ」との立場を堅持しており、猛反発している韓国と早急に事態打開が図られるかは微妙だ。(共同通信)

 領土問題に関しては、中国とも東シナ海のガス田開発で争っており、次のようなやり取りがあったばかりだ。

 中国外務省の秦剛副報道局長は18日の定例記者会見で、同国海事局が東シナ海のガス田拡張工事のため日本が主張する排他的経済水域(EEZ)を含む形で航行禁止を通知した問題について「技術的な誤りがあった」と釈明した。(共同通信)

 これまでの日本の弱腰外交により、中国や韓国に舐められていたが、安倍晋三や麻生太郎、中川昭一らの発言のようにはっきりと言い返して、特に竹島問題に関しては、我が国の一貫した立場|歸腓蓮⇔鮖謀事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である。韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではない。(注:韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていない。)−外務省ホームページより−で韓国の不当な実行支配から日本に取り戻すため早急に国際司法に訴えるべきである。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
夜桜
 一昨日、ほろ酔い気分で夜桜を見た。まだ、満開とまではいっていなかったのだが、とてもすばらしい光景だった。

 「夜桜」といえば、「遠山の金さん」を思い出す。「おうおうおう!この悪党め!あの日のあの夜あの場所で、見事に咲いたお目付け桜、夜桜、まさか見忘れたとは言わせねぇぞ!」こんなセリフで桜吹雪の刺青を見せ、最後に「市中引き回しの上、打ち首獄門!」で一件落着。(私の記憶が確かならば、松方弘樹の名奉行遠山の金さん。)

 こんな名奉行がいたならば、この日本ももっと住みやすいはずなのに…

 背水の陣の民主党が「乱世の小沢」に命運を託したというニュースを聞きながら、少し期待を込めつつも、あまり変わらないだろうなぁー、時代劇のようにはとつぶやいている自分がいた。
 
| ドクターK | 時評 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
愛国心
 「国を愛する心」は駄目、との見出しで以下のとおりの記事が掲載されていたので引用させていただく。

 公明党は28日の文部科学部会で、与党が今国会への提出を目指している教育基本法改正案のうち、「国を愛する心」の表現を盛り込むことに反対する方針で一致した。同党が従来主張していた「国を大切にする心」の表現を使うか、新たに両案の折衷案を策定するかについて自民党と調整を進める。
(毎日新聞)

 「国を愛する心」と「国を大切にする心」にどれほどの違いがあるのか…、同党は何を考えているのか…
  
 私が「愛国心」という言葉を意識したのは高校生の時で、当時のベストセラー「試験に出る英単語」の最初に出てくる英単語が「patriotism」で「愛国心」であった。しかし、意識したといっても誰もが持ち合わせているものであり、自然な感情であると思ったにすぎない。

 「愛国心」は教育しなければならないものか、とは思うが、それほど教育現場は荒廃しているのか…

 最後にWikipediaからの引用で終えたいが、中国の教育は「愛国心教育」ではなく「独裁主義の反日教育」にすぎない。

 日中関係を第三者的に見つめている欧米のジャーナリストの中には、中国の愛国心教育と反日政策が問題解決を難しくしていると指摘する者たちもいる。ある記者は「歴史問題での大部分の中国人の意見は間違った情報に基づいている」と指摘するとともに、「日本を間断なく攻撃しても中国側には何の不利な結果をもたらさないということだ。日本企業は中国に投資し続け、観光客は絶えることなく訪れ、政府は援助資金を依然として提供し続けている。 だから中国にとってこれほど便利な外交戦略はない」と結論付けている。 日本のジャーナリストの中にも「中国が愛国心教育を行うのは理解できるし、その中心が抗日戦に関することになるのもわからないではない。しかしそれも程度問題だ。さらに悪いことに戦後の日本に関する情報がほとんど伝えられていない。日本が民主国家に移行して自由な言論が認められ、自分たちの戦争犯罪を自己批判する本が数多く出版されていることも、日本からの経済援助によって中国の社会資本がどれだけ充実したのかも、多くの中国国民は知らされていない」と指摘している者もいる。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ

| ドクターK | 時評 | 00:01 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
死刑容認論
 量刑意識、国民にばらつき…最高裁が調査

 2009年に実施される裁判員制度に向け、最高裁の司法研修所は15日、刑事裁判の量刑に関する国民と裁判官の意識を比較した調査結果を公表した。

 殺人事件の量刑について、国民の意見が死刑から執行猶予付きの懲役刑まで大きなばらつきがあったのに対し、裁判官は互いに似通った意見を示すなど、両者の違いが鮮明になった。最高裁は制度開始に当たり、裁判官に調査結果を重要な参考資料としてもらう方針だ。

 調査は、前田雅英・首都大学東京教授(刑事法)と現役の刑事裁判官が中心となり、昨年8〜9月にアンケート形式で行った。対象は、東京、大阪、仙台など全国8都市で無作為抽出した国民1000人と、刑事裁判を担当する地裁・高裁の全裁判官766人。

 調査では、金銭トラブルや心中、暴力団抗争など、10種類の殺人事件のシナリオを用意。それぞれふさわしい量刑を、死刑から執行猶予まで10段階の選択肢で聞いた。その結果、国民は全事件で回答が分散。一方、裁判官は、それぞれの事件で狭い範囲に8〜9割の回答が集中していた。

 また、犯行の計画性や前科など事件の性質を示す複数の要素について、量刑を重くする事情なのか、軽くする事情なのかを聞いたところ、〈1〉被告が少年〈2〉飲酒で判断力が低下〈3〉被害者が配偶者――の3要素では、「重くする」とした国民が目立ったのに対し、裁判官は「軽くする」との回答が多かった。少年事件や家庭内の事件について、重罰を求める国民の意識が浮かび上がった。
(読売新聞)3月15日22時37分更新

***********************************

 私は、死刑制度を容認する立場である。凶悪犯罪者には、当然、死をもって罪を償ってもらうべきであると考える。

 昨日、山口県光市の本村洋さん(29)宅で1999年、妻(当時23歳)と長女(同11か月)が殺害された事件で殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた同市内の元会社員(24)(犯行時18歳)について、最高裁第3小法廷は14日、死刑を求める検察側の上告を受けた口頭弁論を開こうとした。だが弁護士が2人とも出廷せず、弁論を開くことができなかった、というニュースで本村洋さんが、「死刑にならなかったら私が殺すまでです。」とのコメントがあったが、同じ立場にあったら必ずそのように思うはずである。

 死刑廃止論者が自分の目の前で両親や家族が殺されても「罪を憎んで人を憎まず」言ったらその人は、人でない。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP
目に余る中国の横行
 中国と我が国は今、東シナ海のガス田開発をめぐって対立している。この対立の背景には、排他的経済水域の境界線問題及び尖閣列島の領有権問題がある。現在、中国が東シナ海で建設を進めている天然ガス採掘施設は日中中間線の中国側だが、いずれ日本側海域でも資源開発を始めるに違いない。

 日本の腰抜け政治家のために、私が以前読んだ、北岡俊明氏の“「論理的に話す力」が身につく本”の中で中国の「反日」という論理・論点の誤魔化し・すり替えに引っ掛からない、詭弁に簡単にだまされ、不必要な謝罪をし、侮辱され金を要求されないようするために次の引用文を贈りたい。

中国人「侵略戦争を謝罪しろ」
日本人「すべて決着ずみだ。終わっている。」
中国人「日本人は侵略者のくせに反省が足りないのだ」
日本人「日本人の名誉のために反駁する。侵略戦争とは何だ。定義してくれ。君達は朝鮮戦争で朝鮮半島を侵略し、チベットを侵略し、インド=カシミールを侵略し、ベトナムを侵略し、侵略戦争ばかりしているではないか。戦後、日本はただの一度も戦争をしていないぞ。お前たちこそ戦争好きな侵略国家だ


| ドクターK | 時評 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(1) | PAGE TOP
やっと道州制導入?
 「第28次地方制度調査会」は昨日、都道府県を廃止し全国を地域ブロックに分けて道州をおく「道州制のあり方に関する答申」を首相に提出した。国と地方の在り方を再構築する具体策として「道州制の導入が適当」と提言。全国を道州に分ける区域例や国から道州へ移譲すべき権限を例示した。

 この道州制への移行は、大前研一氏が著書「平成維新」の中で提唱しており、なんと今から17年前の1989年に刊行されているのだ。
 その中で、日本の諸制度の「諸悪の根源」の筆頭は、県、市、町という細分化され、重層化された行政単位であり、地方はいつまでも自立できない、明治以来の伝統である中央集権でモノカルチャー(単一価値観)の国ができ上がる。日本は基本的に道州とコミュニティ(市)の二つの階層で十分である。また、道州の基本的任務は、産業の振興(雇用創出)と豊かで安全で幸せな生活のできる環境を提供すること、国は全国共通の基準やポリシーを作るが、それは必要最低限度のものに限定すべきであると述べている。

 このたびの答申は、これをそのまま引用しているように思えてならない。そのうえ導入の具体的な時期も明記していない。実現するのはいつの時代になるのか、平成維新とはならないかもしれない…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:46 | comments(1) | trackbacks(1) | PAGE TOP
神戸空港開港
 本日、神戸空港がポートアイランド沖に開港した。国内空港では、97番目、建設・運営とも神戸市行い、市が手掛ける空港は神戸が初めてである。

 新聞やテレビのニュースの論調は、関空、伊丹、神戸と関西の狭いエリアに3空港も必要か?総事業費約3000億円の返済に欠かせない空港島の売却は進まず、財政問題は「視界不良」など批判が目立つ。

 しかし、スカイマークの羽田便の運賃は1万円。しかも約1時間10分で到着するとなると新幹線を凌ぐ。JRも対抗して新幹線の運賃を下げざるを得ない。ということで我々にとってメリットは充分あるように思う。

 阪神大震災や関西経済の低迷を一気に吹き飛ばしてもらいたいものだ。また、株式会社神戸市の復活なるかも是非見守っていきたい。
| ドクターK | 時評 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
皇室典範改正問題
秋篠宮妃紀子さまご懐妊で今国会改正案提出を小泉首相が断念したらしい。女系天皇を容認する改正案については賛否両論があるが、私は反対だ。男女平等や男女共同参画の時代に不適合であるとの論に対しては、そもそも世襲制自体がおかしいのではないか。男系で維持してきた伝統を守ってこそ日本の天皇制なのだ。科学的に解読するならば、Y染色体を代々受け継いできたことに意味があるのだ。したがって、天皇制を維持するならば断固男系で継承していってもらいたい。

今回はちょっと固かったかな…

そこで、秋篠宮妃紀子さま男子出産に1万点。不謹慎な!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:32 | comments(1) | trackbacks(1) | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

RECOMMEND.
RECOMMEND.
これが買いだ!
SELECTED ENTRIES
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT COMMENTS
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT TRACKBACK
人型寝袋 ブラック×ピンク
CATEGORIES
コーヒーメーカー カフェファーレ CF-1
PRIMARY(プライマリー) 6段変速 クロスバイク BGC-700-RD レッド
PROFILE
OTHERS
神戸RYURYU(リュリュ) パスタソース トマトソース 140g

神戸RYURYU…

¥298(税込)


自転車用フロント・リアLEDライトセット 電池式 【2セット組】

自転車用フロント…

¥1,600(税込)


レノビーゴ 38ml 【3セット】

レノビーゴ 38…

¥3,333(税込)


徒歩&車載モード ポータブルメモリナビ 4.3インチ【持ち運びができるカーナビ】HCN-432

徒歩&車載モード…

¥16,980(税込)