Google
 

ドクターKのひとりごと

  きまぐれ社会時評BLOG 【社会に鋭いメスを入れます】
 
久々のスキー
 この週末、数年ぶりにハチ北へスキーに行った。雨や雪が降る天候であったが、雪の上を滑走する爽快さは経験した者にしか解らないレジャー(スポーツ)と言えるのではないか。

 今回は、スキー2回目の9歳の息子を連れていったのだが、2日間で見る見る上達し、ボーゲンではあるが急な斜面も滑れるようになった。この調子だと、私を追い抜くのは、そう遠くないだろう。

 ところで、スキーよりもスノーボードの方が多いのではないかと思うぐらいボーダーがいた。あの、ゲレンデのど真ん中で休んでいる(?)ボーダーは何とかならないものか。邪魔で仕方がない。スキーヤーが止まっているのは、ほとんどがゲレンデの端である。
 また、リフトを降りた所にも長い時間座り込んでいるボーダーがいるが、ちゃっちゃと滑られないものなのか…

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
W杯日本決勝進出!
 奇跡的、感動的、歴史的な日となった。サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本がデンマークを3−1で破り決勝トーナメント進出を決めた。

 大会前の酷評を蹴り飛ばし、カメルーンとデンマークを破り2勝1敗で、サムライ・ジャパンがやってくれた!

  試合前は「3戦全敗」といった空気が漂い、「負けろ日本。未来のために」と酷評され、この意見に同意する人が続出。日本代表に対する期待感はあまりにも低かった。勝てば官軍か。

 4ヶ月ぶりのエントリーです。長期休暇に入っていましたが(というより書かせる話題がなかった)、ようやく復帰することができました。

 決勝トーナメントも期待せずに、日本を応援しよう。もしかしたら、ベスト4もあるかも…、なんていう期待も。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田大毅判定勝ちで日本初の兄弟王者誕生
 WBAフライ級タイトルマッチが行われ、亀田大毅が王者のデンカオセーン・カオウィチットに判定勝ちし、王座を獲得した。兄興毅は、WBCフライ級王者で、日本人初の兄弟世界王者となった。

 ついに大毅が王者となり、そろそろ最終章が見えてきた…

 8時からの「竜馬伝」を見損なってしまったが、よかった、よかった。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
WBC世界フライ級タイトルマッチ
 久しぶりのエントリーです。
 政権交代以降、いろいろな出来事がありましたが、あまり気が進まず、見送ってきました。

 今回、亀田興毅が内藤大助を判定で破り、2階級制覇を達成。これを見送ると永遠にエントリーできそうになかったので…

 亀田バッシングの中、亀田家が抹殺されそうではあったが、やはり実力あるものは残るのか、というのが実感。やっと第3章が始まった。

 少数派ではあると思うが、期待している一人として、是非亀田興毅には3階級制覇を目指して頑張ってほしいと思っています。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
WBC連覇
 おもしろい試合だったろう。だったろうというのは、生で全部を見ていないからだ。時差で試合が始まったのが、午前10時38分だったため、仕事で見られなかったのだ。昼休みにしばらく見たが、緊張感のある試合だった。

 さすがに「心がほぼ折れかけていた」というイチローが、何と大活躍。「最後の打席では神が降りてきましたね」のコメント。バッシングを跳ね除けた。

 WTC府庁移転は否決。橋本徹府知事は一転ピンチに立たされた。

 ETCは売り切れ続出だそう。民主党が政権を取ると高速道路完全無料化で、ETCは無用の長物と成りかねないのに…。小沢代表続投で民主党政権奪取となるか…。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
WBCキューバ破り決勝進出
 WBCの2次ラウンド1組敗者復活2回戦で、日本はキューバを5−0で破り、準決勝進出を決めた。

 先発の岩隈が走者を出しながら要所を締め、六回無失点の好投。イチローは2安打で、やっと目覚めたか?

 次は、宿敵韓国だ。今度こそ勝って、1位通過で優勝に弾みをつけてもらいたいものだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
WBC日本快勝で2次ラウンド進出
 第2回ワールド・ベースボール・クラシックで、日本は韓国と対戦。打線が、初回から大爆発し、14−2でコールド勝ちし、サンディエゴ(アメリカ)で行われる2次ラウンドへの進出を決めた。

 前の試合で格下の中国に何とか勝ったものの、打線は湿っていた。特に、イチローが不振だった。その借りを今日返したという感じであった。

 恐らく、2日後の決勝戦で再度、韓国と戦うことになるだろう。出来れば、今日のような戦いで、気持ち良く2次ラウンドへ行ってほしい。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
北京五輪総括
 本日、北京五輪が閉会した。暑い夏の暑い戦いが終わった。開会式の偽装問題が報道を賑やかした。足跡花火はCG。口パク少女。少数民族衣装子どもはほとんど漢民族。また、体操選手の年齢疑惑など。ペテン五輪とはよく言ったものだ。

 ところで、日本の活躍はまずまずだった。金メダル9個、銀メダル6個、銅メダル10個は、私の予想を越えて良かったのじゃないか。

 細かいことは言いたくないが、マラソン選手の直前欠場、野球、シンクロ、柔道など反省点も多かったように思う。

 しかし、閉会式のマスゲームは、もうよかったんじゃないか…。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
北京オリンピック開幕
 8日午後9時から開会式が始まった北京オリンピック。この開会式の長いこと。中国的な演出か知らないが、もっと簡潔にできないものか。

 人権問題、環境問題、格差問題、ギョーザ問題など多くの問題が山積していて開催する資格さえ問われる中、オリンピックはスポーツの祭典であり、スポーツマンシップが捻じ曲げられることがないことを祈るばかりだ。

 今回は、時差が1時間しかないので、深夜にテレビを見て寝不足にならないのが良い。そして、日本の活躍でストレスが貯まらないともっと良いのだが…

 最後に、日本の金メダル獲得予想は、堅く見積もって5個というところでどうだろう。的中は、柔道、競泳で取れなければ難しくなりそうだ。がんばれ!日本!!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
阪神タイガース好調!
 ミャンマーのサイクロン、中国の四川大地震、日本の福田政権の無策など悪いニュースばかり。

 そんな中で、阪神タイガースが首位を独走している。広島には悪いが、新井の加入が阪神の原動力となっている。「新井が打点を挙げたら虎は負けない」という神話ができるほど。

 しかし、新井は北京オリンピックに出場するはず。夏の高校野球期間中の「死のロード」と併せて今のうちに貯金をしておかねばならない。勢いを止めるな!

 ところで中国の北京オリンピックの開催は、大丈夫か?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田興毅復帰戦白星
 亀田興毅が、復帰戦となるフライ級ノンタイトル10回戦で、同ライトフライ級13位のレクソン・フローレスを3−0で判定勝ちした。

 昨年10月に弟大毅が起こした世界戦の反則問題に絡んで、所属ジムから3カ月間の試合自粛処分を受けたが、8カ月ぶりの試合を白星で飾った。

 亀田家へのバッシングが渦巻く中、できればKO勝ちしてほしかったが、次回を期待しよう。2階級制覇まであと少し…

 テレビ放映も1時間枠で、無理な演出や時間稼ぎもなく良かったんじゃない?

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
星野ジャパン 北京五輪出場決定
 日本が終盤の集中攻撃で逆転勝ち。一回、新井の適時打で先制。六回に台湾・陳金鋒の2ランで逆転されたが、七回、無死満塁にサブローのスクイズで同点。なお1死二、三塁から西岡の右前適時打で勝ち越し、この回打者12人の攻撃で6点奪った。九回も新井の2ランなどで加点。ダルビッシュは7回3安打2失点の力投。八回から藤川、上原とつなぎリードを守り、五輪切符を勝ち取った。

 結果的には圧勝であるが、七回までは、見ていて緊張した。日本の選手は、ユニフォームを汚して、まるで高校野球のようだった。しかし、これが本当の野球だ。日本のプロ野球が、面白くない理由がここにある。

 それにしても新井貴浩は、勝負強い選手だ。来年、阪神での活躍を期待したい。(実は私、阪神ファンであるのだ。)

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
星野ジャパン 韓国に4−3で勝利 五輪出場権獲得に大きく前進!
 北京五輪アジア予選を兼ねたアジア野球選手権は2日、台湾の洲際野球場で決勝リーグ2試合が行われ、星野仙一監督率いる日本代表は、第2試合で韓国と対戦。日本は成瀬、川上、岩瀬、上原と小刻みに継投して韓国打線を抑え、4−3で勝利した。敗れれば今大会での五輪出場権獲得の可能性が消える大一番を制し、五輪出場に大きく前進した。

 恐らくこれで、五輪出場間違いないだろう。日本のプロ野球は全然面白くないのは、負けても敗者復活のように勝ち上がれるシステムのせいか…。一敗もできない五輪予選は、緊張感があって面白い。

 星野ジャパンには、金メダル目指して頑張ってほしい!!そして、ハラハラドキドキを決勝戦まで持続してほしいものだ。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田大毅敗れたり!
 面白味の無い試合だった。クリンチで逃げるのをテクニックと言うのか?ボクシングを観たかったというのが本音。

 亀田伝説第二章は始まったばかり。大毅が、すんなり王者になったら伝説と言えない。鼻をへし折られて、大きく成長してから世界制覇を成し遂げるのだ。そして第三章へ続く…

 大毅の次回を期待したい!今回は切腹!!(残念↓)

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
阪神ついに首位奪回
阪神岡田監督

 阪神が鳥谷、葛城の2本のアーチで挙げた2得点で逃げ切った。9連勝で巨人をかわし、4月3日以来の首位に立った。

 あの弱かった(?)阪神タイガースがJFKや桜井、葛城などの活躍でついに首位に浮上。今年は、3位までがクライマックスシリーズに出場できるため3位までで充分なのに…。

 今年は10月から甲子園球場の改修のため使用できず、京セラドーム又はスカイマークスタジアムでのクライマックスシリーズや日本シリーズでの試合になりそうで、ちょっと残念。

 まだまだ予断は許さないが、このまま行きそうな勢いで怖い。

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ 
| ドクターK | スポーツ | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
朝青龍不要論
 横綱朝青龍の「仮病騒動」から日本相撲協会が、モンゴル帰国を認め、ついに帰ってしまった。
 マスコミの中には、「廃業危機」「引退シナリオ」などと現役続行には悲観的な報道もある。

 しかし、そもそも腰の疲労骨折は本当だったのか?そんな状態でサッカーができるのか?その診断書を書いた医師の責任は?そんな診断書を書くように脅したのか?等々の疑問が湧く。

 その後、「解離性障害」等の心の病を持ち出し、引きこもってしまった。

 そんな中、精神科医の香山リカのコメントが的を得ていると思う。彼女曰く、

 朝青龍の「症状」に疑問を投げかける声も少なくない。「ルール違反をして処分を下され、激しく落ち込む。これってあたりまえのことじゃないの? 精神科医って、そんなことまでを病気ってことにしちゃうの?」と別の知人に言われて、私は答えに窮してしまった。こうなると本当に治療が必要な人まで「あの人も本当はたいしたことないんじゃないの?」と誤解を受ける可能性が出てくる。


 大相撲の頂点に立つ横綱ともあろう者のこの失態。モンゴルで金儲けでも、格闘技入りでも何でもやってくれ!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:33 | comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP
めでたし、めでたし!
 有明コロシアムにて行われた『亀田の夏祭り』フライ級10回戦に、亀田興毅、大毅が揃って出場。共に判定3−0で勝利を挙げた。

 大毅はタイのファーペッチノーイ・クラティンデーンジムと、WBA世界フライ級1位の興毅はアメリカのセサール・ロペスとそれぞれ対戦。共に危なげない試合運びで、大差をつけての勝利となった。

 WBAフライ級王者で同門の坂田健史に兄弟のどちらが挑戦するかが話題になっているらしいが、どっちでもええんちゃう!

 人気ブログランキング
人気blogランキングへ 
| ドクターK | スポーツ | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田興毅 大阪凱旋
「2階級制覇への道、第2章」

“浪速乃闘拳”、前WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅が、地元大阪でインドネシアライトフライ級王者イルファン・オガーとノンタイトル10回戦を行い、8ラウンド2分23秒、TKO勝利を飾った。

 興毅は前半のラウンドからインファイトで主導権を握り、中盤の第6ラウンドに左右の連打で、オガーからまず1回目のダウンを奪った。そして第8ラウンドにも左フックでダウンを奪い、その直後にも興毅が猛攻を仕掛けたところでレフェリーが試合を止めた。興毅は8ラウンド2分23秒、予告通りのTKO勝利で地元凱旋試合を飾った。
 亀田興毅は昨年5月以来のKO勝利で、2つ目の世界タイトルとなる世界フライ級王座獲得に向け、弾みをつけた。


 確か、興毅の目標は、3階級制覇。こんなところで躓いてはいられないはず。第2章を早く切り上げて、第3章を…。

 オッシャー!コラー! (ただの気合いです。)

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田興毅がノンタイトル戦で判定勝ち
 年末のライトフライ級王座を守った試合から2階級制覇への前哨戦が行われた。

 WBCフライ級12位のエベラルド・モラレスに3―0の判定で勝った。1回からガードを固めて前に出た亀田は、5回に左フックでダウンを奪った。だが、終盤はモラレスに反撃される場面もあり、倒しきれず、不満の残る試合だった。

 今回は、前回のヒット&ウェイの戦法ではなく、ガードを高く構えてカウンターで切り返す亀田スタイル。できれば、鮮やかなKOシーンを見たかった。

 まだ、20歳。3階級制覇の夢のまだ途中のはず。2階級制覇はすんなり実現してもらいたい。そして、3兄弟で世界王者も頼むぜ!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田興毅、判定で王座初防衛
 亀田バッシングの中、亀田興毅が、ランダエタを3―0の大差の判定で降し、デビューから13連勝で初防衛を果たした。

 今回も判定ではあったが、危なげない内容の完勝だった。興毅はこれまでガードを固めて前に打って出て行くファイタースタイルで試合に臨んでいたが、この日は中盤以降にアウトボクシングを展開。前後左右のステップワークでランダエタのパンチを巧みに外し、カウンター気味に右のロングストレートやショートフックをヒットさせて相手をコントロールしてみせた。序盤こそ、実戦では慣れていないヒットアンドアウエー戦法に戸惑う様子を見せたものの、ダンスのようなステップや腕を大きく回転させるなど、辰吉丈一郎を彷彿とさせるパフォーマンスを交えながら、前に出るのを辛抱して試合を展開。相手に付け入るすきを与えなかった。

 試合後、トレーナーの父・史郎に話が及ぶと、目から涙が溢れ出し「この4カ月間、バッシングもされたけど、おやじが常に壁になってくれた」と声を震わせた。20歳になって初めての試合だったが、幅のあるボクシングを見せて一皮むけた感もある。若き王者が自らの強さをしっかりと証明した一戦だった。

 勝てば官軍、亀田三兄弟の活躍を祈る!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
いま一度問われる、日米野球の存在意義
 3日から開催されていた日米野球は、結局メジャー選抜の5戦5勝で幕を閉じた。

 最終戦は日本選抜が粘りを見せて延長戦に突入。逆転勝利が期待されたが、メジャー選抜は10回裏にホセ・レイエス(メッツ)のサヨナラ2ランで、華々しく熱戦とシリーズにピリオドを打った。だが、この一発は同時に、1931年(昭和6年)から続いてきた日米野球に「サヨナラ」を告げる惜別のホームランになってしまうかもしれない。

 というのも、日本プロ野球選手会が7月に開かれた日本野球機構との事務折衝で、「日米野球への参加は今シーズン限りにしたい」との意向を表明しているからである。(中略)

 ここでもう一度考えたいのは、日米野球の存在意義だ。

「米国の野球に追いつき、追い越せ」というモットーは、日本のプロ野球発足の原点であり、特に初期の日本野球の実力を押し上げる原動力となった。日米野球は米大リーグの実力を肌で感じ、日本野球のレベルを体感する唯一の場であった。また、本場の豪快なプレーによって野球人気は飛躍的に高まった。(スポーツナビより抜粋)

 日米野球に存在意義を見出そうとの趣旨であるが、WBCやアジアシリーズもあり、また、日本人選手がメジャーに大量進出して日本の球界がメジャーの3A化している現状では確かにおもしろさも半減といったところか…。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田大毅プロ第5戦1RKO勝ち
 亀田三兄弟の次男、大毅がインドネシアのフライ級王者ウィド・パエスに1回1分45秒であっさりKO勝ちし、戦績を5戦全勝とした。
 兄の興毅が微妙な判定で王者となった世界戦を払拭するような快勝。試合後の恒例の歌唱パフォーマンスでは、2曲も披露した。

 できれば試合の放送は深夜ではなく、もう少し早い時間にして欲しかったが、世界戦まではちょっと無理か…
 亀田伝説第二章始まる。

 (夏バテ少し解消) 

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 01:30 | comments(0) | trackbacks(8) | PAGE TOP
不細工な試合して、すんません!
 プロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦で、世界初挑戦の同級2位、“浪速の闘拳”亀田興毅が、同級1位のフアン・ランダエタ(ベネズエラ)に2―1の判定で勝ち、03年12月のプロデビューから12連勝で世界王者となった。

 試合は、まさかの第1ラウンド亀田のダウンで幕を開け、終盤も押し込まれるなど厳しい展開で負けたかと思ったが、微妙な判定で制した。

 試合後、涙で「不細工な試合して、すんません!」。

 確かに不細工な試合だったが…。今後、興毅には世界3階級制覇を成し遂げてもらおう。

 亀田伝説は始まったばかり。亀田親子の夢は、3兄弟が世界王者になることなのだ!!

 (夏バテ解消ならず…)

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:04 | comments(0) | trackbacks(3) | PAGE TOP
窮鼠猫を噛み…
 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で王者ブラジルと対戦した日本は、完敗し決勝トーナメント進出ならず。やはり奇跡は起こらなかった。

 日本は前半34分、玉田が先制ゴールを決めた。しかし前半ロスタイムにロナウドに同点ゴールを決められ、後半に3失点して力尽きた。

 大会開幕時にこのブログに書いたが、もともと決勝トーナメント進出の可能性は低かった。初戦惜敗、2戦目引き分け、ブラジル戦は「窮鼠猫を噛み」を予想しており、「窮鼠猫を噛み」まではよかったが、王者ブラジルを本気にさせ、反対に噛み殺されてしまった。

 これからの決勝トーナメントは、ビール片手に余裕をもって観戦できそうだ。
| ドクターK | スポーツ | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
サッカーW杯ドイツ大会開幕
 第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は、日本時間10日、ミュンヘンW杯競技場で開幕した。
 試合に先立つ開会セレモニーでは、過去のW杯優勝選手約170人も特別参加し、過去の試合が大型映像で場内に紹介されるなか、歴代の優勝国・地域がイングランド、フランス、ウルグアイ、アルゼンチン、イタリア、旧西ドイツ、ブラジルの順で入場した。
 今大会には計32チームが出場し、4チームずつ8組に分かれた1次リーグの上位2チームが決勝トーナメントに進む。F組の日本はオーストラリア(12日)、クロアチア(18日)、ブラジル(22日)と対戦する。

 ところで、日本の決勝トーナメント進出の可能性は少し低い。1次リーグで2勝1敗又は1勝2分が条件となるだろう。したがって、初戦のオーストラリアに勝つことが必須。ただし、日本は追い込まれないと底力を発揮しないため、初戦惜敗、2戦目引き分け、ブラジル戦は「窮鼠猫を噛み」劇的1勝をあげるも1次リーグ敗退。こんなシナリオはどうだろう(笑)。

 いずれにしても、感動と興奮を日本国民に与えてくれるような戦いを日本チームには期待したい。少しでも多くの寝不足を日本国民に!!
| ドクターK | スポーツ | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ジーコ流「日本代表」
 サッカーのワールドカップドイツ大会に出場する日本代表23人が発表された。代表入りが確実視されていたFW久保竜彦が落選した理由について、ジーコ監督は会見で「完ぺきに戦えるメンバーを選んだ。久保は素晴らしい選手で彼のプレーは大好きだが、コンディションが良くない」と説明した。
 久保は、ジーコ監督が攻撃の柱にと復調に期待をかけてきたが、調子が上がらず、巻誠一郎らが代表入りした。同監督は「最後まで考え抜いた結果こうなった」と悩み抜いた末の決断だったことを明らかにした。
 23人は中田英寿、小野伸二の両MFら4人が3大会連続の選出。前回の日韓共催大会メンバーからは前回2得点のMF稲本潤一、DF宮本恒靖ら11人が代表入りした。MF中村俊輔や、前回は病気のために外れたFW高原直泰も選ばれた。
 初のW杯代表入りは、中村や高原に加え、W杯アジア予選で活躍した大黒将志ら12人。3月に右足甲を骨折した柳沢敦も順調な回復ぶりが認められた。(共同通信)

ジーコ曰く「この4年間、私は日本のためにすべてを出し尽くしてやってきた。自分がサッカーにかかわってきて得た経験すべてを出し尽くしたと確信している。これ以上のものを望まれるならば、自分はこれ以上のものを知らない。ひとつの隠し事もないし、自分の持っているものすべて、出し尽くしたと言えると思う。
 今日この場にはたくさんの方々がおられるが、日本中の方々が今日という日を待っていたということで、日本においてここまでサッカーの社会的地位が上がったのかと、自分はとてもうれしく思う。
 4年の仕事の間、練習も含めて皆さんの前でお話させていただいたことで、隠し事はひとつもしなかった。チーム、スタッフ含めて、それぞれの分野に対して土足で立ち入るようなことなく、分野分野でそれぞれ得意とするところを発揮するという考えをモットーとして、これまで貫いてきた。監督としての責任を逃れるつもりもないし、この場においてもそういうつもりはない。これから本大会に向けて、すべての責任は私にあると思っている。それぞれのセクションで、それぞれの方々が責任をもって仕事をやり抜くという難しさ――口で言ってしまうのは簡単だが、実際には難しい。(以下省略)」

 この選考がゴールではなくスタートなのである。まずは決勝トーナメント進出をかけてオーストラリア、クロアチアを撃破してほしい。決勝進出して及第点、代表選手はそれを目指して生命を賭ける気でやってくれ!
| ドクターK | スポーツ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
5月5日は亀田の日
 やはり亀田兄弟は期待を裏切らない。

 まず、次弟大毅が、過去6勝4敗1分けのキティポップ・サンディジム(タイ)を左ボディーフックで2度倒した。先月17日の試合は判定勝ちにとどまり、悔しさもあってわずか中17日で試合出場。「前回は落ち込んだ。今回は緊張したよ」。試合後はリング上でハウンドドッグの「ff(フォルティシモ)」を歌い、観客のかっさいを浴びた。

 次にメインで兄、興毅が世界前哨戦最終章での文句なしのKO劇。興毅が強打とスピードを存分に披露し、“格下”の相手を沈めた。
 二回、興毅が左ボディーアッパーを突き刺し、さらにボディー連打でファハルドのガードを下げさせてから左クロス。お手本のような攻撃で最初のダウンを奪うと、立ち上がった相手をロープに詰め、数十発のワンツー連打でレフェリーストップを呼び込んだ。約1万人の観客を熱狂させ「どんなもんじゃい。ナイスな左やったな。」と満面の笑みを浮かべた。

 父、史郎が言うように、三兄弟全員が世界チャンピオンになる可能性を感じた。


 ところで、我が家の5月5日の象徴は「鯉のぼり」だ。(実際には、4月中旬から揚げているが今日でもう揚げない予定。)
鯉のぼり
 「鯉のぼり」を揚げる風習は、中国の故事に「黄河上流に龍門という滝のような急流があり、それを登ることのできた鯉だけが龍になった」とあり、人生の流れの中で遭遇する難関をその鯉のように突破して出世、成功することを意味している。江戸時代から、この「登竜門」のいわれにより「鯉のぼり」を揚げ子供の将来の立身出世を願った。また、天の神様にお守りして頂くための目印として揚げ始めたという説もあるらしい。
 我が息子も、龍のようになってもらいたいと思うが、亀田三兄弟のような育て方はできない…
| ドクターK | スポーツ | 23:54 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田大毅3―0の判定勝ち ダウン奪えず
 先週は公私共に忙しく、そのうえ風邪気味のため「ごめんな。申し訳ない。ブログ書けずに…」。

 気合いを入れて、深夜の2時に起きて次男大毅の試合を見た。結果は、大毅が左ボディーブローを再三好打して圧倒したがガードを固めて守りに徹した相手を倒せず、試合後「ごめんな。申し訳ない。今度は絶対KOする」と謝罪。さんまさんからもらったゴールドマイクでのパフォーマンスもなかった。

 いやいや、よくやった。これから、これからだよ。次回は、5月5日の兄興毅の世界前哨戦が楽しみだ!
| ドクターK | スポーツ | 03:26 | comments(0) | trackbacks(3) | PAGE TOP
WBC総括
 下馬評とは裏腹に意外と盛り上がった気がする。確かに、開催時期、審判団の問題、決勝のありえない同一対戦トーナメントなど運営には問題山積。しかし、奇跡の決勝進出、韓国に2敗後の準決勝での勝利、キューバに勝利しての優勝とまるで日本人のための演出には見ない訳にはいかないだろう。

 ところで、この大会で株を上げたのがイチローだ。敗戦の時の悔しそうな表情や闘志剥き出しプレーは、「いざ鎌倉へ」の武士道を彷彿させる。(そう感じるのは、私だけかも…)反対に、呼ばれたにも関わらず「個人主義」を押し通し、出場を辞退した松井秀喜は国賊と言われてもしかたがない。もう1つ、関連広告を集めた「電通」によると、松井が出場しないので広告を出さないという広告主が多かったらしいが、次回、広告を出そうとしても絶対に今大会ほど盛り上がらないと思うので金の余っている企業はドンドン広告を!しかし、「電通」を太らせるのも癪に障るが…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 22:04 | comments(1) | trackbacks(1) | PAGE TOP
WBC明らかな誤審問題
 この問題について日本のどの新聞を見てもはっきり書いていないので、あえて朝鮮日報の記事を引用させていただく。

【WBC】「明らかな誤審」に救われた米国

 米国、日本戦で「厚顔無恥な」詐欺劇

 米国が世界の野球ファンを相手に厚顔無恥な詐欺劇を繰り広げた。実力では勝てないとでも思ったのだろうか。

 13日(韓国時間)、米国カリフォルニア州で行われた米国対日本戦で、勝負に決定的な影響を及ぼす「疑わしい判定」が発生した。

 3対3で同点8回表、日本は1死満塁で6番岩村がレフトフライを打った。3塁走者の西岡はレフトの ランディー・ウィンが球を取った瞬間、ホームに向かって全力疾走。ウィンがホームに向かって投げた球は大きく外れ、西岡は余裕でホームを踏んだ。日本が貴重な決勝点を決めたと思われた瞬間だった。

 米国代表監督が球審に「レフトのグラブにボールが納まる前に3塁ランナーがスタートした」とアピール。3塁審判はレフトの捕球を確認するために外野に向かっており、2塁審判が3塁ランナーの足を見ていた。アピールを受け入れた球審は2塁審判を呼び正確な説明を聞き、これによりセーフの判定が覆された。

 これに日本代表王貞治監督が強く抗議したが受け入れられなかった。日本応援団はブーイングを浴びせたが球審の耳には届かなかった。

 大会の中継を行うESPNは当時の状況を何度もスロー画面で繰り返し放送した。3塁ランナー西岡は捕球後にスタートを切っていた。明らかな誤審だ。

 この試合でアメリカは序盤から日本に主導権を奪われていたため、8回の失点は敗北につながるほかなかった。

 世界最強を自負するアメリカが「不当なホームアドバンテージでも勝てるなら厭わない」という本性を見せたわけだ。


 −ここまで書く日本の日刊紙はないだろう。あいまいな表現が日本的美学か…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:54 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田興毅KO勝ち
 浪速乃闘拳、亀田興毅(19歳)が両国国技館でWBCフライ級13位、カルロス・ボウチャン(メキシコ)と戦い、6回2分20秒でKO勝ちした。前日の計量で「15分もあれば十分倒せる」と5回までのKO予告を宣言しながら、てこずった。手数では圧倒され、時折クリーンヒットする左は単発。初めて対戦するメキシカンのうまさにいなされ、大げさなポーズで挑発する姿は、思うように攻められない19歳のいら立ちにも見えた。20歳までに世界チャンピオンになることを目標にしており、今回のKOで一歩近づいたといえよう。早く次の試合が見たい。

 追記:ボクシングやK−1の試合を観戦すると闘争心が掻き立てられる。一方、プロ野球やJリーグの試合からは闘争心が掻き立てられない。スポーツの魅力の一つである「闘争心」のないものに未来はない!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:38 | comments(1) | trackbacks(5) | PAGE TOP
トリノ五輪総括
 トリノ冬季五輪日本選手団長が「メダル5個」を目標に掲げながら、フィギアスケート女子の金メダル1つに終わったことに対して「厳粛に受け止めなくてはならない。最低の結果といえる。日本の国民に謝罪を申し上げる」と話した。また「成績不振については徹底分析しなくてはいけない。各競技団体には猛省を促したい」とも。

 かつてオリンピックは、「参加することに意義がある」と言っていた時代があったが、それでは国民が納得しなくなってきている。ところが、オリンピック選手の選考では、一発勝負を重視せず、いかにも日本的な談合による選考。したがって、プレッシャーに強くない選手が選考される。勝てなくて当然。

 ジャンプの原田雅彦、モーグルの里谷多英、スノーボードの成田童夢・今井メロ、ノルデックの高橋大斗、アルペンの佐々木明、名前さえ浮かばない…などがっかりさせた選手たちの山。その選手の数を上回る役員、コーチたち、いったい何人が付き添っていったんだ…

 実は私も謝罪をしなければならない。開幕の日、このブログでメダル予想をしたのだ。「スピード2個、フィギア1個、スキー(スノボ)1個の計4個」と予想。私の戯言を誰も咎めないだろうが、フィギアの1個当たってるやないか!
| ドクターK | スポーツ | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
亀田三兄弟 次男大毅プロデビュー
 日本ボクシング界・期待の星、浪速の亀田三兄弟。プロ入り後、順調に勝ち続ける長男・興毅に続き、次男・大毅がついに今日ベールを脱いだ。

 浪速乃弁慶と自らを命名し、入場では弁慶姿、朱塗りの欄干、京の五条大橋を思わせる階段を下り登場。テーマソングは、「男一匹ガキ大将」。試合前、大毅は、兄・興毅のデビュー戦を抜く1R44秒以内のノックアウトを豪語した。

 立ち上がりは少し硬いか…と思った瞬間、大毅の左フックが決まり相手はダウン。1R23秒でKO。あっけない幕切れだった。試合後のハウンドドックの「Only Love」をカラオケで熱唱は笑えた。

 彼らを指導するのは父・史郎。三兄弟が幼いころから「兄弟揃って世界チャンピオン」という夢に向かって彼らを育ててきた。はっきり言って、ボクシングバカ。

 次は、3月8日、浪速乃闘拳・長男・興毅の世界前哨戦、WBCフライ級13位と対戦する。

 時代の寵児と成りえるか、この三兄弟。見逃すわけにはいかない!

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 18:41 | comments(0) | trackbacks(3) | PAGE TOP
トリノ五輪開幕
番左衛門もするというブログを私もやってみよう…ということで記念すべき第1稿です。

第20回冬季五輪トリノ大会が開幕した。見る気もなかったが、ついつい開幕式を全部見てしまい、スケーター花火には思わず吹き出してしまった。

最近、見たい番組が少なく真剣にテレビを見るということがなかったが、ドキュメンタリー中のドキュメンタリーであるトリノ五輪で寝不足になりそうだ。

最後に、トリノ五輪の日本のメダル予想をしてみたい。スピード2個、フィギア1個、スキー(スノボ)1個の計4個というところか。いずれにしても日本人選手の健闘を期待したい。

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | スポーツ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(1) | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

RECOMMEND.
RECOMMEND.
これが買いだ!
SELECTED ENTRIES
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT COMMENTS
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT TRACKBACK
人型寝袋 ブラック×ピンク
CATEGORIES
コーヒーメーカー カフェファーレ CF-1
PRIMARY(プライマリー) 6段変速 クロスバイク BGC-700-RD レッド
PROFILE
OTHERS
神戸RYURYU(リュリュ) パスタソース トマトソース 140g

神戸RYURYU…

¥298(税込)


自転車用フロント・リアLEDライトセット 電池式 【2セット組】

自転車用フロント…

¥1,600(税込)


レノビーゴ 38ml 【3セット】

レノビーゴ 38…

¥3,333(税込)


徒歩&車載モード ポータブルメモリナビ 4.3インチ【持ち運びができるカーナビ】HCN-432

徒歩&車載モード…

¥16,980(税込)