Google
 

ドクターKのひとりごと

  きまぐれ社会時評BLOG 【社会に鋭いメスを入れます】
 
ロハス
 LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル「LOHAS」ロハスのことです。
 LOHASは1990年代の後半にアメリカの中西部、コロラド州ボールダー周辺で生まれた新しいビジネス・コンセプトです。ボールダー周辺には、地球環境問題や農薬汚染の問題に危機意識を持ち、オルタナティブな生き方やLOHASな事業を始めた人たちが誕生しました。
 国の政策と地球環境の持続性に危機感を持つ、社会企業家やクリエイティブな人たちがビジネスを通じて新しいパラダイムの創造を志した、これがLOHASの源流です。(ロハスクラブより)

 「ロハス」という概念でくくられるものとは、具体的には、「オーガニック・フェアトレード・地産地消・グリーンコンシューマ・環境保護運動・エコツーリズム・リメイクやリフォーム・代替/省エネルギー・コジェネレーション・環境や社会への貢献の高い企業への投資・ホリスティック・東洋医学・リユース・リサイクル‥‥」といったモノ・コトらしい。

 太陽光発電、家庭菜園で有機農法実践(雑草や野菜クズの堆肥化・生ゴミEM菌発酵処理で土に還元)、自転車通勤している私の生活は「ロハス」そのもの。

 しかし、自分勝手な人間が多い中、本当に「ロハス」が主流となりうるのか疑問ではあるが…
 ビジネス主導によるイメージ先行作戦が成功するか?

| ドクターK | 社会 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
WBS
 数あるニュース番組の中でもテレビ東京系列で月〜土曜日、23時からオンエアーのWBS(ワールドビジネスサテライト)は、面白い。経済中心ということもあり、他のニュース番組と一線を画している。

 今後ヒットしそうな新商品や新サービスを紹介するコーナーの「トレンドたまご」。ものづくり大国ニッポンを支える中小企業の優れた技術に迫るコーナーの「技あり!ニッポンの底力」。伝統的な職種から最近生まれた新しい業種まで毎回ひとつの業種にスポットを当て解体するコーナー「しごとびと。」などがあり、ついつい見てしまう。

 土曜日だけ小谷キャスターでなく下手くそなアナウンサーが進行しているのが気になるのだが…
| ドクターK | - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ガンバレ!ヤマト運輸
 以前にこのブログの「ヤマトvs佐川」で宅配サービスが激化しているようだが、もう少しヤマトにも頑張ってもらいたいと思うと書いたのだが、本日、ヤマト運輸がメール便を10月から値下げすると発表した。

 また、22日には公正取引委員会がまとめた郵政民営化の独禁法上の問題点を指摘した報告書に対する意見書を発表し、郵便事業の全面開放を主張した。

 そして、今年4月にはドイツポスト傘下の企業と共同でDMの効果的な送付方法を企画提案する新会社も設立していたのだ。

 ヤマト運輸は相当頑張っている。今後、郵政公社の反撃もあるだろうから、さながらチキンレースの様相を呈しているようだ。
| ドクターK | - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
儲けすぎてないか?メガバンク
 三菱UFJフィナンシャル・グループが22日発表した2006年3月期連結決算は、景気回復などを背景に、税引き後利益が1兆1817億円となり、国内トップのトヨタ自動車(1兆3721億円)に迫る巨額の黒字を計上したらしい。また、他のグループも軒並み最公益を上げているという。

 ところで、銀行の本来の役割とは何か?

 自分の利益を確保することに重点が置かれ、顧客の都合を聞こうとしていないのではないか。資金を必要としている企業に必要な資金を提供するのが銀行の役割のはずである。ところが、サラ金に金を貸して、危険を回避して儲ける。預金者の金利を低く据え置き続けているのに手数料はたんまり取る。儲けのない両替には嫌味さえ言う。

 こんな品格のない企業に国は、公的資金を注ぎ込んで、そのうえ粉飾決算までしたグループがあったのだ。こんな大手金貸しに対する痛いしっぺ返しはないものか…

人気ブログランキング
人気blogランキングへ
| ドクターK | 時評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(2) | PAGE TOP
国家の品格
 藤原正彦著「国家の品格」(新潮新書)が200万部を突破したというニュースで買ってしまった。

 「すべての日本人に誇りと自身を与える画期的日本論!」と帯に書かれてはいるが、国家を論じた難しい書物ではなく、あっという間に読めてしまった。

 「論理よりも情緒」「英語より国語と漢字」「民主主義より武士道精神」など頷ける提言は多いが…

 しかし、「国家の品格」という書名は少し大袈裟過ぎるような気がする。「日本人の品格」ぐらいの方が良いのではないか。確かに日本人の精神の荒廃に対しての警鐘と提言としては、40代以上の賛同を得るが若年層には受け入れられるないような気がする。
| ドクターK | - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ジーコ流「日本代表」
 サッカーのワールドカップドイツ大会に出場する日本代表23人が発表された。代表入りが確実視されていたFW久保竜彦が落選した理由について、ジーコ監督は会見で「完ぺきに戦えるメンバーを選んだ。久保は素晴らしい選手で彼のプレーは大好きだが、コンディションが良くない」と説明した。
 久保は、ジーコ監督が攻撃の柱にと復調に期待をかけてきたが、調子が上がらず、巻誠一郎らが代表入りした。同監督は「最後まで考え抜いた結果こうなった」と悩み抜いた末の決断だったことを明らかにした。
 23人は中田英寿、小野伸二の両MFら4人が3大会連続の選出。前回の日韓共催大会メンバーからは前回2得点のMF稲本潤一、DF宮本恒靖ら11人が代表入りした。MF中村俊輔や、前回は病気のために外れたFW高原直泰も選ばれた。
 初のW杯代表入りは、中村や高原に加え、W杯アジア予選で活躍した大黒将志ら12人。3月に右足甲を骨折した柳沢敦も順調な回復ぶりが認められた。(共同通信)

ジーコ曰く「この4年間、私は日本のためにすべてを出し尽くしてやってきた。自分がサッカーにかかわってきて得た経験すべてを出し尽くしたと確信している。これ以上のものを望まれるならば、自分はこれ以上のものを知らない。ひとつの隠し事もないし、自分の持っているものすべて、出し尽くしたと言えると思う。
 今日この場にはたくさんの方々がおられるが、日本中の方々が今日という日を待っていたということで、日本においてここまでサッカーの社会的地位が上がったのかと、自分はとてもうれしく思う。
 4年の仕事の間、練習も含めて皆さんの前でお話させていただいたことで、隠し事はひとつもしなかった。チーム、スタッフ含めて、それぞれの分野に対して土足で立ち入るようなことなく、分野分野でそれぞれ得意とするところを発揮するという考えをモットーとして、これまで貫いてきた。監督としての責任を逃れるつもりもないし、この場においてもそういうつもりはない。これから本大会に向けて、すべての責任は私にあると思っている。それぞれのセクションで、それぞれの方々が責任をもって仕事をやり抜くという難しさ――口で言ってしまうのは簡単だが、実際には難しい。(以下省略)」

 この選考がゴールではなくスタートなのである。まずは決勝トーナメント進出をかけてオーストラリア、クロアチアを撃破してほしい。決勝進出して及第点、代表選手はそれを目指して生命を賭ける気でやってくれ!
| ドクターK | スポーツ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ヤマトvs佐川
 最近、宅配サービス競争が激化しているようである。

 私の職場では、冊子等を送付するのにヤマト運輸のクロネコメール便を使っていたが、佐川急便のメール便に最近変更した。当然、理由は料金である。A4サイズの200gまでが1通70円なのだ。不思議なことに配達は、郵便局の配達員が行なうという。確実に相手先に到着さえすれば安いことに越したことはないが、佐川と郵便局に儲けはあるのか心配してしまう。

 ヤマト運輸と郵便局の戦争に佐川が郵便局とタッグを組んだというような構図のようである。これも郵政民営化の影響に違いないと思うが、どこかで大きな弊害が出てきそうで不安だ。

 実は、どうしてこの話題に言及したかというと、今日職場でヤマトと佐川の担当ドライバーがブッキングして火花を散らしていたためである。私としては、もう少しヤマトにも頑張ってもらいたいと思うのだが…、安いほうに流れるのが世の定めか。
| ドクターK | 社会 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP
5月5日は亀田の日
 やはり亀田兄弟は期待を裏切らない。

 まず、次弟大毅が、過去6勝4敗1分けのキティポップ・サンディジム(タイ)を左ボディーフックで2度倒した。先月17日の試合は判定勝ちにとどまり、悔しさもあってわずか中17日で試合出場。「前回は落ち込んだ。今回は緊張したよ」。試合後はリング上でハウンドドッグの「ff(フォルティシモ)」を歌い、観客のかっさいを浴びた。

 次にメインで兄、興毅が世界前哨戦最終章での文句なしのKO劇。興毅が強打とスピードを存分に披露し、“格下”の相手を沈めた。
 二回、興毅が左ボディーアッパーを突き刺し、さらにボディー連打でファハルドのガードを下げさせてから左クロス。お手本のような攻撃で最初のダウンを奪うと、立ち上がった相手をロープに詰め、数十発のワンツー連打でレフェリーストップを呼び込んだ。約1万人の観客を熱狂させ「どんなもんじゃい。ナイスな左やったな。」と満面の笑みを浮かべた。

 父、史郎が言うように、三兄弟全員が世界チャンピオンになる可能性を感じた。


 ところで、我が家の5月5日の象徴は「鯉のぼり」だ。(実際には、4月中旬から揚げているが今日でもう揚げない予定。)
鯉のぼり
 「鯉のぼり」を揚げる風習は、中国の故事に「黄河上流に龍門という滝のような急流があり、それを登ることのできた鯉だけが龍になった」とあり、人生の流れの中で遭遇する難関をその鯉のように突破して出世、成功することを意味している。江戸時代から、この「登竜門」のいわれにより「鯉のぼり」を揚げ子供の将来の立身出世を願った。また、天の神様にお守りして頂くための目印として揚げ始めたという説もあるらしい。
 我が息子も、龍のようになってもらいたいと思うが、亀田三兄弟のような育て方はできない…
| ドクターK | スポーツ | 23:54 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP
ただの拝金主義の経済ゴロツキ
 阪神電鉄の筆頭株主(保有比率約46%)で村上世彰氏が率いる投資ファンド(通称・村上ファンド)は2日、阪神電鉄に対し、同ファンドが推薦する9人を取締役に選任するよう求める議案を提案したと公表した。阪神の取締役は16人で、6月29日の株主総会で可決されれば過半数の取締役を占め、経営権を実質的に握ることになる。

 恐らくこの提案は、阪急が阪神株を公開買付けににより取得しようとしていることに対する株価吊り上げのための脅しであろう。

 村上氏は、通商産業省時代はM&Aの法整備を行っていたため、証券取引法に精通している。法の盲点、未整備を突いて金儲けをするのはお手の物に違いない。

 しかし、本来、株主というのは会社の目的や使命に共感して出資し、直接経営には口出ししないものだ。それが嫌なら自分で会社を設立して経営すればいいのだ。株価と配当にしか興味がなく、株を持っている間は資産を売り払ってでも配当を要求し、株価が高い時に売り抜ければ会社がその後どうなろうと知ったことじゃないというような投資屋は株主としての資格はない。
| ドクターK | 時評 | 01:37 | comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2006 >>

RECOMMEND.
RECOMMEND.
これが買いだ!
SELECTED ENTRIES
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT COMMENTS
MYPALLAS(マイパラス) 自転車 M-650-2 26インチ 6段変速 リアサス TypeII ホワイト 【クロスバイク】
RECENT TRACKBACK
人型寝袋 ブラック×ピンク
CATEGORIES
コーヒーメーカー カフェファーレ CF-1
PRIMARY(プライマリー) 6段変速 クロスバイク BGC-700-RD レッド
PROFILE
OTHERS
神戸RYURYU(リュリュ) パスタソース トマトソース 140g

神戸RYURYU…

¥298(税込)


自転車用フロント・リアLEDライトセット 電池式 【2セット組】

自転車用フロント…

¥1,600(税込)


レノビーゴ 38ml 【3セット】

レノビーゴ 38…

¥3,333(税込)


徒歩&車載モード ポータブルメモリナビ 4.3インチ【持ち運びができるカーナビ】HCN-432

徒歩&車載モード…

¥16,980(税込)